パニッシャー(原題:The Punisher)

パニッシャー(原題:The Punisher)

2004年公開のアメリカ映画で、
マーベル・コミックの同名漫画が原作です。

内容は、
裏社会を支配するハワード・セイントは、
最愛の息子ボビーが密輸取引の現場でFBIのおとり捜査に引っかかり、
射殺されたことを知る……。
(シネマトゥディ)


監督・脚本:ジョナサン・ヘンズリー

主な出演者
トム・ジェーン、ジョン・トラボルタ、ロイ・シャイダー
ウィル・パットン、サマンサ・マシス、and more...


悪人は有無を言わさずブチ殺す
異色のマーベル(アンチ)ヒーロー「パニッシャー」実写化2作品目作品

アメコミでは聖人君子のごとくキャプテンアメリカとかと対立してる
パニッシャーさんですが、本作でも大暴れ!
復讐の為に悪人をドンドンぶち殺します!

といっても、アパートの面々との交流や敵に非道っぷりに
最悪のラインで足を踏みとどまった印象

復讐するとゆう行為についてしっかりとドラマを見せてくれるので、
B級っぽい雰囲気を含みながらも絶妙なバランスで最後まで楽しませてくれます。

意外と楽しめた作品でした。

a0114618_00012069.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
# by ks-1518 | 2016-10-02 00:00 | 映画&ドラマ | Trackback | Comments(0)

ボーン・アイデンティティ(原題:The Bourne Identity)

ボーン・アイデンティティ(原題:The Bourne Identity)

2002年(日本では2003年)公開のアメリカ映画で、
ロバート・ラドラムの小説シリーズ「暗殺者(原題:The Bourne Identity)」の
シリーズ第1作品目が原作です。

内容は、
記憶を失ったボーンは、
記憶を取り戻すために訪れたスイスの地で謎の組織に追われる。
彼は偶然出くわしたマリーと共に逃げるが、
彼の身体には超一級の戦闘能力が備わっていた……。
(シネマトゥディ参照)



監督:ダグ・リーマン
脚本:トニー・ギルロイ、ウィリアム・ブレイク・ヘロン

主な出演者
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー
ブライアン・コックス、アドウェール・アキノエ・アグバエ、and more...


もうすぐボーンシリーズの最新作が公開になるので、
復習の意味で見返しました。

小説が原作だったとつい最近知ったから
そっちも勉強の為に読もうかなーとも思ったけど、
どうやらほとんど映画版はオリジナルストーリーらしいので、スルー。


ダグ・リーマン監督の出世作の1つ!
やっぱこの監督はアクションシーン描くのは巧いな~
組み技多用して敵を制圧していく様子はリアルを追求しつつも絵的にも見応え充分
これだけで観る価値ありです。

ミステリー要素も強くて謎をが少しずつ明らかになっていく様子もドキハラ物で
テンポ良くストーリーが進行していくのも心地良い!

にしても懐かしい!そしてマッド・デイモン若いww

シリーズ楽しむ為にも必見のシリーズ第1作品目です。

a0114618_23554166.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
# by ks-1518 | 2016-10-01 00:00 | 映画&ドラマ | Trackback | Comments(0)

独裁者と小さな孫(The President)

独裁者と小さな孫(The President)

2014年(日本では2015年)公開の
ジョージア・イギリス・フランス・ドイツの合作映画です。

内容は、
年老いた独裁者による支配が続いていた国で、
大規模なクーデターが勃発。幼い孫と一緒に逃亡した独裁者だったが、
政権維持を理由に無実の人々を手に掛けてきたことから激しく憎まれており、
変装することを余儀なくされる。
孫にも自分が誰であるかを決して口に出さぬよう厳しく注意し、
追手などを警戒しながら海を目指す。
さまざまな人間と出来事に出会う中、
彼らは思いも寄らぬ光景を見ることになる。
(シネマトゥディ参照)


監督:モフセン・マフマルバフ
脚本:モフセン・マフマルバフ、マルズィエ・メシュキニ

主な出演者
ミシャ・ゴミアシュヴィリ、ダチ・オルヴェラシュヴィリ、etc...


架空の国を舞台に描かれていますが、
世界の独裁者のいる国だったらどこで起きてもおかしくない内容で
リアルな空気をまとっています。

クーデターで権力の座を追われ
純粋な孫を連れての逃避行する中、

自分が行ってきた非道な行いをまざまざと目の当たりにさせられていくシーンは
どれも衝撃的ですが、

本当に描きたい部分は独裁者の処遇。

終盤のシーンでの国民の報復に対するやりとりなどは
まさに圧巻の一言!!

衝撃的で観るべき作品の1つです。

a0114618_23353882.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
# by ks-1518 | 2016-09-30 00:00 | 映画&ドラマ | Trackback | Comments(0)

スーサイド・スクワッド(原題:Suicide Squad)

スーサイド・スクワッド(原題:Suicide Squad)

2016年公開のアメリカ映画で、
DCコミックスの同名漫画が原作
DCエクステンデッド・ユニバースの3作品目です。

内容は、
世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショットや、
ジョーカーに夢中のハーレイ・クインら、
服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。
命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、
せ集めの悪党たちが戦いに挑む。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:デヴィッド・エアー

主な出演者
ウィル・スミス、ジャレッド・レト、マーゴット・ロビー
ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェイ・コートニー
ジェイ・ヘルナンデス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、アイク・バリンホルツ
スコット・イーストウッド、カーラ・デルヴィーニュ、and more...


不安を感じつつも予告編が最高なのと去年から楽しみにしていたので、
酷評の声を小耳にしつつも視聴

なんじゃこら!?
いや~キツイ・・・。

何コレ?ヴィランを集めてヒーローチームを結成して悪と戦うって
超イイ素材なのに、仕上がったものは・・・。

マーベルのガーディアンズ・オブ・ギャラクシーみたいなのを期待してたのに
完全に裏切られました。

てか、そもそも悪人チームがそれ程悪人でも無いし、
強さも普通の人に毛が生えたレベル
敵の雑兵も普通の兵隊が楽に倒せるし、
こいつら使う必要性がまるで感じない・・・。

もう不完全燃焼が・・・・・・・・・・。

てか、脅さなくてもデットショットとかやりようによったら
普通に協力してくれるだろ?
とかものもの突っ込みどころが山盛り。

最後まで一応観れるレベルではあるけど、
期待値とは程遠いレベル。

一応良い点もあるのでそれも書いておこうかな。

まず、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン!!
もうこの人を観るだけの映画と言っても過言ではありません。

キャラ造形も素晴らしいし、仕草もキュートで
ハーレイ・クイン単体でスピンオフ作成が決まるのもうなずけます。
もう強烈に素晴らしいので、これだけは観る価値ありです。

そしてもう1人ジャレッド・レト演じるジョーカーも意外と良い!
前にジョーカーを演じたのがダークナイトでの故ヒース・レジャー!
もうこの演技が伝説となってるぐらい素晴らしいので
どうなんだろう?って思ってたんですが
これがなんとも良い味出していて、決して負けてない!

その他のキャラ造形も満点つけても良いぐらい素晴らしくて
風景の美しさも合わさって絵的にはすばらしい!
(敵はスゲーダサイけど)

ですが、肝心のストーリーのテンポが悪いし
よくわからない設定もあったりで全く楽しめない。

もうホントモヤっとが残る作品でした。

a0114618_22394520.jpg

★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
# by ks-1518 | 2016-09-29 00:00 | 映画&ドラマ | Trackback | Comments(0)

シング・ストリート 未来へのうた(原題:Sing Street)

シング・ストリート 未来へのうた(原題:Sing Street)

2016年公開のアイルランド映画です。

内容は、
1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナーは、
音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。
ある日、ラフィナを見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、
思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。
慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、
クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジョン・カーニー
原案:ジョン・カーニー、サイモン・カーモディ

主な出演者
フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボイントン
マリア・ドイル・ケネディ、エイダン・ギレン
ジャック・レイナー、and more...


やっぱジョン・カーニーが紡ぎだす音楽映画は最高だ!

今回は青春物!!

80年代にミュージックに明るくなくても
あれ?聴いたことあるぞってゆう名曲がかかるので、
それだけでもウキウキさせられます。
何よりそんな名曲のチョイスと使いどころがたまらなくウマイ!!!!
それだけで観る価値有り。

ちょっと気になるのがバンドメンバーや
バンドを作るキッカケにもなった1人のダーレンが印象薄い所

まぁ2時間にまとめるとそうなるのも仕方ないのかな~。


それに反して、
ロックの師匠こと兄貴のブレンダンが最高!

エンドロール前にクレジットで出る
「全ての兄弟に捧ぐ」の言葉通りこれは兄弟について描いた作品。

一番両親の不仲に悲しんでいるのはブレンダンで、
両親の喧嘩を聞きたくないが為に部屋でロックを聴いて詳しくなったのかな~
とかバックボーンを想像するだけで涙が出てきます。
特にラスト前のあるシーンでのガッツポーズには特にグッときます。

そして、もう1人エイモンがすごく良い!
主人公が曲の着想を得たり、何かきっかけがあったら
エイモンの所に行って
「作曲しないか?」をきっかけに2人で紡ぎだす音楽が素晴らしくて微笑ましい
そして曲が出来上がっていく様子に合わせるように
バックにドラムやベースが重なりあい、少しずつバンドメンバーがそろっていく様子は
曲が生まれる瞬間を描いているようで素晴らしいシーン!

他にも主人公の相談に乗ったり、決断する時に必ずエイモンに
聴くことからその信頼性の高さが伝わってきます。

もちろんヒロインのラフィーナの魅力的なのは忘れずに書いておこう。

誰もが子供のころに描いた純粋で穢れの無い夢をこれでもかと見せつけられて
現実逃避して折り合いをつけている大人に叩きつけてくるような
エネルギーを持った名作です。

a0114618_22014357.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
# by ks-1518 | 2016-09-28 00:00 | 映画&ドラマ | Trackback | Comments(0)

サウルの息子(原題:Saul fia、英題:Son of Saul)

サウルの息子(原題:Saul fia、英題:Son of Saul)

2015年(日本では2016年)公開のハンガリー映画です。

内容は、
1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウルは、
アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、
次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。
ある日、ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、
直後に殺されてしまったその少年の弔いをしようとするが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ネメシュ・ラースロー
脚本:ネメシュ・ラースロー、クララ・ロワイエ

主な出演者
ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン、etc...


衝撃作!!

いわゆる第二次世界大戦ホロコースオトを描いた作品ですが、
劇中で説明的なシーンがほとんど無いので、
最低限の知識が無いと完全に置いてけぼりにされると思います。
てか、知識の無い奴は観るな!的な意思も感じます。

劇中ほとんど主人公のサウルの顔を映し出すだけの独特の撮影手法で、
バックで淡々と行われている非道な所業もピントがあっておらず
チラっと映り込むだけなんですが、

逆に想像させられて、より一層インパクトがあります。

想像を絶する環境の中、「息子を埋葬する」とゆう1つの事に執着し
そうすることで自分を保つとゆう狂気

自分の同胞を自分立ちが処理をするってゆう狂気の中で
繰り広げられる衝撃の人間ドラマ。

数あるナチスの非道を描いた作品の中でも特別な作品で、
最低限の知識を得て観るべき作品の1つです。

a0114618_14293793.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
# by ks-1518 | 2016-09-26 00:00 | 映画&ドラマ | Trackback | Comments(0)

COP CAR/コップ・カー(原題:Cop Car)

COP CAR/コップ・カー(原題:Cop Car)

2015年(日本では2016年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
家出中の少年トラヴィスとハリソンは野原を歩いていたとき、
無人のパトカーを見つける。二人は面白半分に乗り回し、
車内で見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたところ、
車を盗まれたことに気付いた持ち主の保安官ミッチ・クレッツァーから無線の警告が入る。
その異様な口調に驚いた少年たちは、
やがて車のトランクに隠された秘密に気付き……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジョン・ワッツ
脚本:ジョン・ワッツ、クリストファー・フォード

主な出演者
ケヴィン・ベーコン、ジェームズ・フリードソン=ジャクソン、
ヘイズ・ウェルフォード、カムリン・マンハイム、シェー・ウィガム、etc...


ケヴィン・ベーコン、キターーーー!


ちょっとヤンチャな少年たちがコップ・カー(パトカー)パクったら
そのパトカーは悪徳警官のもので・・・ってストーリーで

それほど中身があるわけでは無いんですが、
なんなんだろう?この魅力は!!!!

冒頭のコップ・カー盗まれて焦ってダッシュするベーコンさん観るだけで
もう面白いww!!

主人公の少年達の行動が危なっかしくて
銃が撃てないと言って銃口を覗き込んだり、
閉じ込められた車の窓を割ろうとして銃口を自分に向けた状態で銃身で窓を叩いたり
観ていて思わず「ウワッ」と声を出してしまうようなシーンが多いのに、

結局何もなかったり、かなり振り回されてしまうんですが、
それが中々心地よかったりして不思議な感覚。

ベーコン先生演じる悪徳警官もかなりの悪者なのに、
右往左往するのがどこかコミカルで微笑ましくて
サスペンス調のストーリーにも関わらず思わず笑わされてしまいますww

ベーコン先生の味を十二分に楽しめる良い作品です!!

a0114618_14050391.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
# by ks-1518 | 2016-09-25 00:00 | 映画&ドラマ | Trackback | Comments(0)