デイブレイカー

デイブレイカー

2010年公開のアメリカ・オーストラリア合作映画です。

内容は、
西暦2019年。世界中を襲った疫病により、
人類の大半はヴァンパイアへと変貌していた。
そんなヴァンパイア達に、
食料供給源である旧来の人間が減少し血液の枯渇という深刻な問題が持ち上がる。
血液研究者のエドワードは絶滅寸前の人間を救うため、
代用血液の開発を急いでいた。一方、
レジスタンス組織のコーマックは逃亡中の人間達の保護活動を行っていたが…。
(Amazon参照)


監督・脚本:マイケル・スピエリッグ

主な出演者
イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、サム・ニール、イザベル・ルーカス、etc...


ヴァンパイア映画は結構好きで、その出来に一喜一憂してきましたが、
今回はストーリーが一風変わっています。

ヴァンパイアが世界を支配していて、人間が少数派の世界で・・・って
すごく惹かれませんか?

人類が絶滅の危機に瀕しているという事で
いわゆる食糧危機に面していて、何とか解決しようとしている過渡期の話なんですが

巧く人間の世界でも起こりうる内容に置き換えているので
恐怖を誘って、しかも感情移入しやすくなっています。

この手の映画らしい少々グロテスクなシーンはラスト近くにチラっとしか出ていませんが
ヴァンパイア映画好きならストーリーの設定だけでも観る価値アリです。

a0114618_22305616.jpg


★★★☆☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-07-27 22:31 | 映画&ドラマ


<< 重力ピエロ 著:伊坂 幸太郎 MIND ASSASSIN(マ... >>