霊幻道士・キョンシーマスター

霊幻道士・キョンシーマスター

80年代に放送された中国ドラマです。

内容は、
キョンシーを吸血神と祀り、生贄を捧げる村にやって来た道士毛小方。
村でキョンシーの玄魁と対決するが決着はつけられなかった。
玄魁を追い香港にやって来た毛は楊飛雲と知り合い、
彼の勧めで香島道堂を開く。
時を同じくして旧日本軍の将校酒井が幽影と化して蘇り、
余大海の娘碧心がさらわれてしまうのだった。
(Wikipedia参照)


監督:ワン・ワイゲイ、チャンサンハップ
脚本:シン・シウリン、ラウ・チョンイン

主な出演者
ラム・チェンイン、ユン・キンタン、アニー・マン、チョイ・シウキョン、etc...

昔観たキョンシーを懐かしく思って観てみました。
といってもこの1stシリーズは全く観たことなかったので新鮮な気持ちでした。

キョンシー作品にも関わらず、正統派のキョンシーは玄魁(ユンフイ) だけで
後は反日感情がヒシヒシと伝わる旧日本軍の悪霊の酒井や
西洋のキョンシー(ヴァンパイア)はもろアジア人の顔で中国語を話しますし
最強の敵になる楊飛雲(ヨン・フェイワン)は魔王に変わるんですが
どうにもチープww
キョンシーが観たかったのにあまりキョンシーが出てきませんww

全体的な映像は80年代のテレビドラマなので
今観てみるとかなり子供だましのチープな映像ですが、
当時の技術で!と考えると逆に新鮮でおもしろいww

ストーリーは子供向けなんでしょうか?
かなり強引な展開が多くて、お世辞にも良い出来とは・・・。

ただ、ラム・チェンイン演じる主人公が人間臭く(多少合理的過ぎて冷たく感じますが)
困難にぶつかって打ちひしがれるなど
キャラクターは良てくたっています。

そしてアクションシーンはそれほどスゴイものはありませんが
ラム・チェンインさんは
ブルース・リーに武道家・スタントマンとして認められ、
詠春拳や截拳道(ジークンドー)の達人でもあるので
動きのキレは素晴らしいんです。

もう少し、この点を活かしたアクションがあれば嬉しかったんですが・・・。

キョンシー作品としてはちょっと弱いですが、
ラム・チェンインの演技が観れる懐かしい作品です。

a0114618_143379.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2011-11-30 01:04 | 映画&ドラマ


<< デュー・デート 〜出産まであと... ズニ族インディアンジュエリー ... >>