おNEWなメガネ!!

ここ数年メガネLOVEな僕ですが、ずっとお手軽価格のメガネをずっと使っていたので
そろそろ、良いメガネ買こう!!と思い
去年末からずっと探していましたが中々良いのが見つかりませんでした。

元々良いかな~と思っていたのはPAULSMITH(ポールスミス)のこのメガネ!
a0114618_23542324.jpg

黒ブチは黒ブチなんですけど内側がジラフ(キリン)柄なんです!

前々から欲しかったんで、買いに行ったんですが、
実際に着けてみると何か違ったんです・・・。

ようは似合わなかったんですね(笑)
値段がもフレームだけで30,450円って高いのも理由の1つですが。

色々と眼鏡屋さんを巡って最終的に行ったのは、北堀江にあるOBJ(オブジェ)です!

そして、店員さんに相談しながらやっとピッタリの眼鏡を購入!!

EFFECTOR(エフェクター)ってゆう日本のブランドのoctaver(オクターバー)ってメガネです!!
a0114618_0274877.jpg

買ってから調べて色々わかったんですが、
まず、ブランド名とメガネの名前でバンドしてた人はピンとくるかもしれませんが
ロックカルチャーに影響を受けているって事で
ブランド名のエフェクターはギターとかベースの音響機材の名前から来ているんです!
わかる人にはわかると思いますがこうゆうヤツの事。
a0114618_0223313.jpg


そして僕の買ったoctaver(オクターバー)を始め、メインのモデル名は
ディストーションやオーバードライブなどバンドマンにはお馴染みの名前がつけられています。
※エフェクターの種類です。

何を隠そう僕も元バンドマンなのでこうゆう所に勝手にグっときてしまいます(笑)

ちなみに僕が買ったのオクターバーがどんな物かってゆうと
原音のオクターブ上やオクターブ下の周波数の音を発生させて加えるものです。
って言葉で書くと「何のこっちゃ」って感じですね。失礼しました。

本題に戻りまして眼鏡の説明を。

このオクターバーなんですが、
日本の眼鏡生産地である福井県鯖江市の職人のハンドメイドによるもので
作りがしかっりしているのはモチロン、
材質がセルロイドなんです!

セルロイドはプラスチックの一種なんですが、
最近のメガネにはアセテートとゆう素材がよく使われています。

この2つ何が違うかと言うと、
セルロイドは
・傷がつきにくい
・独特の光沢がある
・磨くとツヤが出る
・硬くてハリがある
・透明度が高い
・肌触りが良い
と良いことづくめ!

ただし欠点もあって薬品関係対しての劣化スピードがアセテートに比べて早いって所があります。
そして、もう1つ。セルロイドがあまり使われなくなった最大の原因にもなっているんですが

発火温度が低いって所です。

アセートは500度弱なのに対してセルロイドは200度弱。
まぁ普通に生活していてそんな高温状態で着ける事無いんで大丈夫なんですけどねwwww
工場で素材状態の時に大量に保管すると
自然発火することがあったり製造上の問題が一番大きいみたいです。

レトロブームでセルロイド製のメガネもそれほど希少でも無いですが
それでもまだまだ少ないので、そこにも惹かれました。

そして何よりデザインが素晴らしい!!
改めてHPから転載した写真ですが
a0114618_040747.jpg


サイドも太くて、メガネ本体部分もでかくてインパクトがありますし。
何より前面の上ブチ部分が斜めに丸みをおびていて
そのさりげなさがたまりません!

シンプルな黒縁へのこだわりが流石です!!

そして調べると結構有名人がここのメガネつけてるみたいでビックリしました!
(僕の買ったやつは漬けてる人はいないみたいなので一安心ですww)

宮川大輔さんや布袋寅泰さん、田村淳さん、木村拓哉さん、香取慎吾さん、西川貴教さん何かが有名所で
CMでは妻夫木 聡がつけていたりしているみたいです。
特に宮川大輔さんは何種類も持ってるみたいですね(笑)

いや~こんな長文になってしまうなんて、かなり気に入ったみたいです。

これ以上ダラダラ書くと怒られそうなのでそろそろ終わりたいと思います。
[PR]
by ks-1518 | 2012-03-23 00:51 | ファッション


<< デイ・オブ・ザ・デッド ニンジャ・アサシン >>