シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

2011年(日本では2012年)公開のアメリカ映画で、
アーサー・コナン・ドイルの小説シャーロック・ホームズシリーズが原作、
また、2009年公開のシャーロック・ホームズの続編です。

内容は、
ヨーロッパに危機勃発!
各地で連続爆破事件が発生! 謎を追う名探偵シャーロック・ホームズも、
あわや爆発に巻き込まれそうになる。
だが、天才ホームズには分かっていた。インド、中国、アメリカ、ヨーロッパと、
このところ世界中で発生している未解決の重大事件は、すべて繋がっているのだ。
その黒幕こそが、ジェームズ・モリアーティ教授、
知能・腕力ともにホームズと全く互角の“もう一人の天才"なのだ!
高名な数学者にして温和な人格者であるこの男、
その正体は良心のかけらもない“犯罪界のナポレオン"。
誰も思いつけない手口で歴史を操作し、自らの手を汚さずに民衆の命を奪い、
絶大な富と権力を手に入れようとしていた。そんな悪の天才を止められるのは、
ホームズしかいない!
反撃に出たモリアーティは、ホームズとワトソンを抹殺すべく、
ヨーロッパ中に巧妙な罠を張り巡らせる。
ロンドン、フランス、ドイツ─史上最強の名コンビは、
次々と襲いかかる危機を乗り越え、ついに決戦の地スイスへ!
大滝で繰り広げられる宿命のライバルとの軍配は、どちらの“天才"に上がるのか─?
(Amazon参照)


監督:ガイ・リッチー 脚本:ミシェル・マローニー、キーラン・マローニー

主な出演者
ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、ノオミ・ラパス、ジャレッド・ハリス
スティーヴン・フライ、レイチェル・マクアダムス、etc...


前作も面白かったですが、今回も期待を裏切りません。

シャーロック・ホームズが主人公とゆうことで推理物を想像しますが、
前作を知っている人ならもちろんそれだけでないことはご存じでしょう!

推理はモチロンふんだんに登場しますが、
それ以外のシーンが盛りだくさん。

アクションシーンはホームズの実際の行動を起こす前の予測をスローで見せる事で
その後のアクションを高速で魅せるシーンは前作と同じくスピーディで見応えがあります。

ストーリーのモチーフも「最後の事件」をモチーフにしているという事で
クライマックスのシーンなど要所要所に原作を彷彿とさせるシーンが登場したり、

ホームズの兄マイクロフト、最大のライバルモリアーティ教授が登場したりと
原作好きにはたまらない内容。

まぁかなり中身は違っているので生粋のホームズファンには受け入れられないかもしれませんが・・・

ストーリー良し、設定良し、演出良し、オススメできる娯楽作品です。

a0114618_1083351.jpg


★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-08-02 10:09 | 映画&ドラマ


<< Life  FreeTEMPO 正義のミカタ 著:本多 孝好 >>