ペントハウス

ペントハウス

2011年(日本では2012年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
ニューヨークマンハッタンの超一等地にそびえ立つ、
全米一の最高級マンション「ザ・タワ-」。
タワーの管理マネージャーであるジョシュにとって、
最上階のペントハウスで優雅に暮らす大富豪アーサー・ショウは、憧れの存在だった。
しかしある日、20億ドルの横領疑惑でショウはFBIに逮捕されてしまう。
しかも、ショウはタワーの従業員の年金までも横領していた事実が判明する。
怒りに燃えるジョシュは、幼馴染の泥棒スライドを誘って、
仲間とともにショウから金を取り返そうと考える。
(Wikipedia参照)


監督:ブレット・ラトナー
脚本:テッド・グリフィン、ジェフ・ナサンソン

主な出演者
ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック
アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック、ティア・レオーニ、etc...


ミート・ザ・ペアレンツやナイトミュージアムなど
2000~10年代を代表するコメディ系の俳優ベン・スティラーと

ドリームガールズでコメディ要素を排しても良い演技ができる事を見せつつ
ビバリーヒルズ・コップシリーズやドクター・ドリトルなど
1990年代を代表するコメディ俳優のエディ・マーフィが共演って事で

観る前からかなり期待していましたが・・・正直凄く惜しい出来です!!

ストーリーはよくあるベターな感じで安心感があるので
そこは好き好きなんですが、

エディ・マーフィの使い方がすごくもったいない!!
もっとマシンガントークやコミカルな動き何かあっても良いのに
どうにもこじんまりしていてインパクトがありません。

出番は少なくても、もっとエディ・マーフィらしい
素晴らしい小物っぽさがあっても良いのに・・・

コメディ要素は爆笑は無いものの小笑いぐらいは散りばめられているので
アメリカのコメディ映画が好きな方は楽しめるかと思います。

エディ・マーフィに期待しすぎると期待はずれかもしれませんが、
それなりに楽しめる作品です。

a0114618_8225569.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-10-19 08:23 | 映画&ドラマ


<< メカニック 蜜蜂のデザート 著:拓未 司 >>