ロックアウト(原題:Lockout)

ロックアウト(原題:Lockout)

2012年公開のフランス映画です。

内容は、
西暦2079年。地球より少し離れた宇宙空間には、
実験的に作られた刑務所「MS-1」が建設されていた。
500人にも及ぶ凶悪な囚人達を、
コールドスリープの技術を用いて収監しているこの刑務所では、
厳重な警備体制により未だ脱獄した者がいなかった。
そんなある日、「MS-1」にアメリカ合衆国大統領の娘であるエミリーが視察に訪れる。
彼女が囚人の一人であるハイデルと面談していると、ハイデルは隙をついて逃亡、
囚人達のコールドスリープを解いてしまう。
すると、刑務所内はあっという間に囚人達に占拠され、
エミリーも人質に取られてしまうのだった。
この状況を重く見た政府は、ある男にエミリーの救出を依頼する。
その男の名は「スノー」。彼は凄腕の元CIAエージェントであったが、
CIA局長を殺害したという冤罪をかけられ、現在は政府の監視下に置かれていた。
当然彼は政府に対して反抗的な態度を取り、当初は依頼を断固拒否していた。
しかし、「MS-1」に自分の無実を証明できる元相棒がいると知ると、
渋々依頼を引き受けて単身完全占拠された宇宙の刑務所に乗り込むのであった。
(Wikipedia参照)


監督・脚本:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェームズ・マザー

主な出演者
ガイ・ピアース、マギー・グレイス、ヴィンセント・リーガン
ジョセフ・ギルガン、レニー・ジェームズ、ピーター・ストーメア、etc...

ガイ・ピアーズが好きで、製作がリュックベッソンって事で観ましたが・・

期待してなかったけど意外な掘り出し物(笑)

何気に有名な俳優陣が出演していて
プロットも良い。テンポも良くてアクションもそれなりに激しい!

だけど・・、所々B級臭が漂ってるんだよな~。

SFの要部分でもあるCGがとにかく微妙。なんか安いんですよね。ホント。

ストーリー展開もテンポは良いものの
登場人物の行動原理や描写にもリアリティが無くて
最後の方の大気圏突入にも無理があり過ぎて興ざめ。

こんな感じで所々惜しい感じがいなめませんが、観ても損が無いぐらいにはおもしろいです!

a0114618_17211622.jpg


★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2013-07-13 17:23 | 映画&ドラマ


<< 県庁の星 ペンギン夫婦の作り方 >>