ザ・レイド GOKUDO(原題:The Raid 2: Berandal)

ザ・レイド GOKUDO(原題:The Raid 2: Berandal)

2014年公開のインドネシア映画で、
2012年公開の「ザ・レイド」の続編です。

内容は、
上層部からマフィアへの潜入捜査を命じられ、
組織と関わりのある悪徳政治家や警察関係者を暴き出すことになった警官ラマ。
囚人を装って刑務所に入った彼は、
マフィアのボスを父親に持つウチョと出会って組織のメンバーとして迎えられる。
だが、父親に対する反発と野心を募らせたウチョが新興組織と協力することになってから、
裏社会で抗争が勃発してしまう。
やがてラマは、ゴトウ率いる日本人ヤクザ、
ハンマー・ガールやバッド・ボーイといった特殊な殺し屋たちとの対峙を余儀なくされていく。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ギャレス・エヴァンス

主な出演者
イコ・ウワイス、アリフィン・プトラ、ティオ・パクソデウー
アレックス・アッバド、松田龍平、遠藤憲一、北村一輝
ヤヤン・ルヒアン、オカ・アンタラ、etc...


前作では1つのビルでの潜入捜査官物の物語ですが、
本作では、
大きく分けて3つの勢力(マフィア、新興勢力のマフィア、ヤクザ)が
入り組んで複雑な内容になっています。

アクションシーンはより激しくなっていて、
もうグロ系と言っても良いぐらい凄惨な死にかたする人物も多数いるので
グロが苦手な人には受け付けないかも。

にしても相変わらずのシラットアクションは凄い!!
この迫力は中々他のアクション映画では味わえません。

前作のマッド・ドッグ役よりも
哀愁漂う良いキャラのプラコソ役を演じるヤヤン・ルヒアンが
呆気なく消えてしまうのは残念です。
続編でも登場して欲しかった。
(続編があるかどうかはわかりません)

ヤクザ役で登場するお三方も出演シーンが少なくて
ちょっと物足りない気もしますが、
それでも監督のギャレス・エヴァンスがヤクザ映画好きということもあって
存在感抜群です。

個人的には前作の方が好きではありますが、
オススメできるアクション映画です。

a0114618_21075136.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-05-15 00:00 | 映画&ドラマ


<< さがしもの 著:角田光代 世界から猫が消えたなら 著:川村元気 >>