ピクセル(原題:Pixels)

ピクセル(原題:Pixels)

現在公開中(2015年9月現在)のアメリカ映画で、
2010年公開の同名短編映画が原作です。

内容は、
地球や人類の文化ついての情報を電波に乗せて、
宇宙人との交流を図ろうとしていたプロジェクト。
それを宇宙人が受信したものの、
彼らは人類からの宣戦布告だと勘違いしてしまう。
「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」
「ドンキーコング」「スペースインベーダー」と、
送られた情報からテレビゲームについて知った宇宙人たちは
それらに出てくるキャラクターに姿を変えて地球を侵攻し始める。
巨大なキャラクターが次々と現れ、
都市をブロック化していく事態に世界はパニックに陥り……。
(シネマトゥディ参照)


監督:クリス・コロンバス
脚本:ティム・ハーリヒー、ティモシー・ダウリング

主な出演者
アダム・サンドラー、クリス・コロンバス、アレン・コヴァート
マーク・ラドクリフ、マイケル・バーナサン、and more...

IMAX3Dで観賞してきました。

1980年代にビデオゲームの世界大会の様子を
NASAが宇宙人に向けて送ったメッセージと一緒に送って
それを受け取った宇宙人が宣戦布告と勘違いして、
ゲームのキャラクターで侵略してくるってゆう

80年代風の設定に
80年代の音楽、
そして宇宙人からの交信が
80年代のドラマや映画の映像を使ってくると

ノスタルジック感満載で、

それと対決するのは社会的に落ちこぼれた
ギーク(日本でいうオタクみたいなもの)達ってことで親近感もわきますww

なのに、出てくる敵はゲームが現実に飛び出してきた
ドット絵のパックマンやドンキーコングって事で

CGをフル活用した今風の映像!

このバランス感覚が見事です。


まぁそれでもこのゆっる~いファミリー感覚が好き嫌い分かれると思うので、
苦手な人には辛いのかもしれません。

個人的には1984年公開のゴーストバスターズの現在版のような既視感を覚えました。

ファミリー向けのコメディが好きならオススメできる作品です。
※是非、劇場でIMAX3Dで!

a0114618_00043134.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-09-13 00:00 | 映画&ドラマ


<< ドラえもん のび太の新・宇宙開拓史 キングスマン(原題:Kings... >>