ドラえもん のび太の新・宇宙開拓史

ドラえもん のび太の新・宇宙開拓史

2009年公開のアニメ映画で、
声優が変わってからの第2期シリーズ4作品目
1981年公開の「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」のリメイク作品です。

内容は、
ある日、部屋の畳が突然跳ね上がりドラえもんとのび太は驚くが、のぞき込むと、
そこははるか宇宙の彼方を航海する宇宙船につながっていた。
宇宙船を操縦しているロップルと宇宙ウサギのチャミーは、
「コーヤコーヤ星」という星に移り住んで開拓している途中で、
その資源豊かな星をガルタイト鉱業の一味が狙っていると告げる。
(シネマトゥディ参照)


監督:腰繁男 脚本:真保裕一

主な声優
水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、and more...


面白いのは確かに面白いんですが、
やっぱり旧シリーズのリメイク元と比べてしまうとどうしても見劣りしてします。

自宅の畳をめくったら別の惑星に繋がってる所や
その惑星では重力が少なくて、その星ではスーパーマンになれる所を始め
ワクワクするような設定や展開など、
良いと思う点は全てリメイク元と同じだったので、
後は減点方式

某有名女優さんがされてるゲストキャラクターがその減点の1つ
セリフ棒読みで結構酷い…
女優としの演技力はある方なのに…。

そのゲストキャラクターが結構な戦犯で、
リメイク前ではいないそのキャラに焦点を当てる為に

ロップルやチャーミーとの友情が薄く感じてしまったり、
ジャイアンやスネ夫、しずかちゃん達と協力して戦うみたいなシーンも少なめ
(リメイク元でも少ないんですが、それと比較しても薄い印象)
とドラえもん映画の良さを消してしまっているように感じます。

旧シリーズのファンだからでしょうか?
ちょっと満足できない作品でした。

a0114618_00082347.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-09-14 00:00 | 映画&ドラマ


<< ショーシャンクの空に(原題:T... ピクセル(原題:Pixels) >>