繕い裁つ人

繕い裁つ人

2015年公開の日本映画で、
池辺葵の同名漫画が原作です。

内容は、
市江は祖母が始めた洋裁店を継ぎ、
町の仕立て屋の2代目店主として日々年季の入ったミシンの前に座っている。
彼女が職人技を駆使して丁寧に仕立てる洋服は、
依頼人たちを喜ばせていた。
職人気質の市江はブランド化の依頼にも目もくれず、
その服に袖を通すたった一人のためだけのオーダーメイド服を
縫うだけで幸せだったが……。
(シネマトゥディウ参照)


監督:三島有紀子 脚本:林民夫

主な出演者
中谷美紀、三浦貴大、伊武雅刀、余貴美子、片桐はいり、
黒木華、杉咲花、and more...


中谷美紀さんの演技は見事の1つに尽きますが、
肝心のストーリーに全く感情移入できませんでした。

それというのもリアリティが無さが大きな原因の1つでしょうか?

(個人的に)馴染みのある神戸の風景にも関わらず、
誰も関西弁を話していないのが気になるのは僕が関西人だからでしょうか?

まぁ確かにあの映画の雰囲気に汚い関西弁は合わないかもしれませんが・・・。

確かに雰囲気は良い!!
オシャレってゆう人の好みの比重が大きいものを
絶妙な雰囲気で万人がオシャレに感じるように表現しているのは素晴らしいですが、
それだけの印象・・・。

物足りない、もったいないと感じる作品でした。

a0114618_13141252.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-09-27 00:00 | 映画&ドラマ


<< ナイト・オブ・ザ・リビングデッ... ポイント使用! >>