陽だまりハウスでマラソンを(BACK ON TRACK)

陽だまりハウスでマラソンを(BACK ON TRACK)

2013年公開のドイツ映画です。

内容は、
元オリンピック金メダリストとして有名なランナー、パウルは、
妻の病気を機に二人で老人ホームに入居する。
70歳を過ぎても至って健康なパウルは、
つまらないレクリエーションや規則に縛られるホームに嫌気が差し、
再び走り始めることに。
ベルリンマラソン完走を目標に頑張る彼の姿を見て、
当初はあきれていた妻や入居者たちも応援するようになるが……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:キリアン・リートホーフ

主な出演者
ディーター・ハラーフォルデン、ターチャ・サイブト、ハイケ・マカッシュ
フレデリック・ラウ、カトリーン・ザース、カタリーナ・ローレンツ
オットー・メリース 、and more...


たまたま手にとって観ましたが、これがかなりの当たり作!

ドイツ映画は何気に当たり作が多くて、
特に心理描写が巧みな作品が多い気がします。

本作もその1つで
人生の最後を迎える老人ホームで過ごす老人達の心理を見事に表現している。

若者は自分が老人になった姿を想像できず、
そして、老人を別のものとして扱いがち、

でも、体が衰えていても頭がハッキリしている内は
それぞれ1人1人人間として扱うべきで

それを本作の主人公を通じて思い知らされます。

人生の締めくくりを描いた名作は多いですが、
本作もその1つ!!

序盤と終盤、共に走っている姿に心ふるわされ、
愛嬌があって微笑ましいご老人達に癒されるオススメの作品です。

P.S 邦題はやっぱ微妙だな。原題の方が良いのに。
陽だまりの~とか、奇跡の~とか、幸せの~とかが好きだな~。

a0114618_01025585.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2015-10-07 00:00 | 映画&ドラマ


<< パパが遺した物語(原題:FAT... 死霊のはらわた(原題:The ... >>