ゼロの未来(原題:The Zero Theorem)

ゼロの未来(原題:The Zero Theorem)

2014年(日本では2015年)公開のイギリス・ルーマニア映画です。

内容は、
近未来の管理社会、
孤独な天才コンピューター技師のコーへンは解明されていない数式「ゼロの定理」に挑み、
人生の目的とは何かを知るため、
ある人物から電話がかかってくるのを待っていた。
ある日、パーティーで出会った魅力的な女性ベインスリーとの恋、
そして会社の社長の息子で
自分と同じく天才的なコンピューターの使い手であるボブとの交流を通じて、
コーヘンは生きる意味について知っていく。
(シネマトゥディ参照)


監督:テリー・ギリアム 脚本:パット・ラッシン

主な出演者
クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ティエリー、デヴィッド・シューリス
ルーカス・ヘッジズ、etc...


テリー・ギリアムらしい独特の世界観で表現された作品!!

主人公の部屋の暗い感じや実験器具のような道具、
それに反比例するかのように町の風景はカラフルで
奇抜ないでたちの人たちばかり!
何やら監督が日本の秋葉原の街並みに影響を受けているらしいです。

こんな感じで世界観については徹底的に拘り抜かれていて
荒廃した世界ではありませんが、
社会としてはある意味で過渡期に達していて
少し違うかもしれませんがディストピアを描いてると言っても良いと思います。


人間の存在意義とは?と言ったような結構深いを内容を
結構難解に表現しているので、
好き嫌いは結構分かれるかも。

テリー・ギリアム監督が好きならツボだと思います。

a0114618_00412068.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-11-01 00:00 | 映画&ドラマ


<< 2001年宇宙の旅(原題:20... フォーカス(原題:Focus) >>