2001年宇宙の旅(原題:2001: A Space Odyssey)

2001年宇宙の旅(原題:2001: A Space Odyssey)

1968年公開のイギリス・アメリカ映画です。

内容は、
月面に屹立する謎の黒色構造体(モノリス)が、木星へ向けて強い信号を発信した。
かつて我々の祖先である類人猿は、
それと同じ構造体に触れた瞬間に道具を使うことを覚えていた。
そして、ボーマン船長(K.デュリア)の乗る木星探査船ディスカバリー号では、
人工知能のHAL9000に異変が生じ……。



監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック、アーサー・C・クラーク

主な出演者
キア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ウィリアム・シルベスター
ダグラス・レイン、etc...


あ~~~頭使いました。
かなり濃厚な作品です。

前半部分は約50年前とは思えない程作りこまれた映像で、
リアリティを持たす為に当時の最先端の科学的知見を採用していて
このクオリティは半端ありません!

最先端の技術で表現される事が常のSF作品にも関わらず、
今観ても色褪せないのが半端ありません。

中盤は人口知能の異常から起こるサスペンス色強い内容で、
HAL9000に思わず背筋がゾクっとさせられます。

そして、終盤が地球外生命体との遭遇と人類の進化といった
哲学的な部分が強いのでかなり難解ではあります。

それでも総合的に観て、SF作品の傑作と言っても良い内容です。

一度は観て損が無い作品です。

a0114618_01371573.jpeg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-11-02 00:00 | 映画&ドラマ


<< 舞妓はレディ ゼロの未来(原題:The Ze... >>