グラスホッパー

グラスホッパー

現在公開中(2015年11月現在)の日本映画で、
伊坂幸太郎の同名小説が原作です。

内容は、
恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木は、
教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。
絶好の機会が訪れた矢先、
押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。
正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、
特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨は、
ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。
(シネマトゥディ参照)


監督:瀧本智行 脚本:青島武

主な出演者
生田斗真、浅野忠信、山田涼介、菜々緒、麻生久美子、波瑠
村上淳、宇崎竜童、吉岡秀隆、石橋蓮司、and more...


伊阪幸太郎さんの小説が映画化と言ったら中村義洋さんを思い出しますが、
本作は中村さんではなくて瀧本智行監督

瀧本監督の1つ前の作品「脳男」と同じく生田斗真さんが主演です。

脳男では感情を無くした男を演じていた生田さん
今回は普通の男を演じています。
この普通感が見事で走り方1つとっても
運動神経を全く感じさせない走りww
あんなムッキムキの体してるのにww
主人公の鈴木を見事に演じています!

他にも演者さんの演技は良くて、
鯨役の浅野忠信さんは役のイメージにぴったりで
苦悩する殺し屋を好演してますし、

正直、生田さんのバーターで出演かと思った山田涼介さんも
飄々とした蝉を好演してました。
原作とかなりイメージと違いましたが、これはこれでアリ!
絶対にバーターだとか思ってすいませんでした・・・。

個人的に、
注目している女優の佐津川愛美さんが短い中で好演しているのがツボ。



そして、エンディング曲のYUKIによる「tonight」もイメージに合っていてGood!!

ただ、良いのはそこまで。

原作の爽快感あふれる展開と軽妙な台詞、そして予想を裏切る展開と
原作の良い部分が完全に消し去られていて、

ストーリー展開も妙に感動系にシフトした作りになっていてゲンナリです。

製作側の意図はわかりますし、
あの原作を映像化する為にそうゆう方向への改変は十分に理解できるんですが、
どうにもそれが不十分でほとんど感情移入できず
不完全燃焼の感がいなめません。

もっと主人公が不条理に巻き込まれていく様子や、
そうだったのか!!って驚かせるような見せ方が欲しかった…。

そして本作の結構な見せ場の1つとなっている
鯨と蝉の格闘シーン。
うん、キレのある動き見せてるし(特に山田君が意外な程キレッキレ)
迫力もあるんですが、
この作品、そこに見せ場持っていくんじゃなくて、
ネタばらし的な所に盛り上がりを持ってきた方が面白い気がしてなりません。

まぁ絵的にさびしいから難しいのかな・・・。


面白くない!とは断言できませんが、
原作ファンとしては納得できませんし、
それを省いたとしても、つまらなくは無いよね。ぐらいの印象です。

a0114618_03082146.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-11-11 00:00 | 映画&ドラマ


<< エベレスト 3D(原題:EVE... グレース・オブ・モナコ 公妃の... >>