コードネーム U.N.C.L.E.(原題:The Man from U.N.C.L.E.)

コードネーム U.N.C.L.E.(原題:The Man from U.N.C.L.E.)

現在公開中(2015年11月現在)のアメリカ・イギリス合作映画で、
1960年代に放送されていたテレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」のリメイク作品です。

内容は、
東西冷戦の最中の1960年代前半。
CIAエージェントのナポレオン・ソロと
KGBエージェントのイリヤ・クリヤキンは
核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、
長年の政治的対立を超えて手を組むことに。
思考や方法論も真逆の二人は、
組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、
核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する。
(シネマトゥディ参照)


監督:ガイ・リッチー
脚本:ライオネル・ウィグラム、ガイ・リッチー

主な出演者
ヘンリー・カヴィル、アーミー・ハマー、アリシア・ヴィキャンデル
エリザベス・デビッキ、ジャレッド・ハリス、ヒュー・グラント、and more...


シャーロック・ホームズシリーズのガイ・リッチー監督の4年ぶりの作品。

リメイク作だとは知りませんでしたが、時代が東西冷戦時代ってことで、
世界観が古き良きスパイ映画の雰囲気が満載です。

当時としてはハイテクの(今となってはローテクの)技術や道具を駆使して
スパイ2人が活躍しますし、

当時のファッションが一周回ってオシャレ。

犯罪組織のやろうとしていることや展開も時代がかっていて
最近の雰囲気とは一味違う面白さ。

主演の2人はイケメンで、

ナポレオン・ソロ役のヘンリー・カヴィルは
007シリーズでダニエル・クレイグと最終選考まで争っていた
(若すぎるので負けたらしい)ので、
スパイ映画(しかも007最新作と同時期)に主演って事で
個人的ですがテンション上がりますし、

イリヤ・クリヤキン役のアーミー・ハマーは
ローン・レンジャーでジョニデとダブル主演(ローンレンジャー役)したり、
白雪姫のアルコット王子役を演じたりと
最近メキメキと頭角を現してきます。
(ソーシャル・ネットワークで双子演じた時はこんなに男前だと思わなかったww)

そして、ヒロインのギャビー役のアリシア・ヴィキャンデルは
正直本作まで知りませんでした。
アンナ・カレーニナに出てたらしいけど・・・記憶にありませんww
スウェーデンの方(スウェーデンでは結構スゴイ人)らしいんですが、
とにかくキュートで良い演技されてます。


使用される音楽もテレビシリーズからの流用もあるんでしょうか?
どうにも昔風の感じのものが多くて、
カメラアングルや演出も新しいんだけど、どこかレトロな雰囲気が漂っていて
この辺りのバランス感覚は見事の一言!


ストーリー展開も
全く正反対の2人が初めは対立しながら、徐々に信頼関係を結んでいって
そして、軽いどんでん返しからの見せ場があって
爽快感のあるラストと
王道感はあるものの、その感覚が心地よくもあります。

一昔前のスパイ映画が好きなら、
昔風と今風のハイブリット感が気持ちいいですし、
昔のスパイ映画を観た事無い人には、逆に新鮮に感じるはず。


シャーロックホームズとはまた違ったバディ(相棒)物としての要素もありますし、
見応えのある作品でした。

a0114618_04153844.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-11-17 00:00 | 映画&ドラマ


<< レモニー・スニケットの世にも不... オールド・ルーキー(原題:TH... >>