マップ・トゥ・ザ・スターズ(原題:Maps to the Stars)

マップ・トゥ・ザ・スターズ(原題:Maps to the Stars)

2014年公開のアメリカ、カナダ、フランス、ドイツ合作映画です。

内容は、
セレブを相手にしているセラピストの父ワイス、
ステージママの母クリスティーナ、
人気子役の息子ベンジーから成るワイス家は、
誰もがうらやむ典型的なハリウッドのセレブ一家。
しかし、ワイスの患者で落ち目の女優ハバナが、
ある問題を起こして施設に入所していたワイス家の長女アガサを個人秘書として雇ったことで、
一家が秘密にしてきたことが白日の下にさらされ……。
(シネマトゥディ参照)


監督:デヴィッド・クローネンバーグ 脚本:ブルース・ワグナー

主な出演者
ジュリアン・ムーア、ロバート・パティンソン、ジョン・キューザック
ミア・ワシコウスカ、サラ・ガドン、and more...


中々強烈な風刺映画です。

にしても登場人物にまともな観念を持った人は1人として登場しません。
もうみんな完全にぶっ壊れています。

ハリウッドのセレブの実名なんかもバンバン飛び出してきて
ある意味狂ってると言っても良いぐらい。

ジュリアン・ムーアもあんなにきれいなのに
「こんな汚い感じだったっけ?」ってぐらい汚れきっています。

これだけである意味観る価値ありです。

異色作!

a0114618_09511248.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-11-30 00:00 | 映画&ドラマ


<< スター・ウォーズ エピソード6... トゥモローランド(原題:Tom... >>