ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス(原題:THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 1)

ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
(原題:THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY - PART 1)


2014年(日本では2015年)公開のアメリカ映画で、
「ハンガー・ゲーム」シリーズ第三弾の前篇
小説「ハンガー・ゲーム」三部作の
最終作「ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女」が原作です。

ハンガー・ゲーム   ハンガーゲーム2

内容は、
歴代勝者を戦わせる記念大会の闘技場からすんでのところで助けられたカットニスは、
第13地区の地下にあるコイン首相率いる反乱軍の秘密基地に収容される。
そこでは独裁国家パネムを打ち負かし、
自由で平等な国家を作り上げるための戦いの準備が着々と進行しており、
彼女も反乱軍と一緒に戦うことを決める。
しかしスノー大統領は、
人質にしたピータをプロパガンダに使い……。
(シネマトゥディ参照)


監督:フランシス・ローレンス
脚本:ダニー・ストロング、ピーター・クレイグ

主な出演者
ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、
リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、エリザベス・バンクス
ジュリアン・ムーア、フィリップ・シーモア・ホフマン、and more...


最終作(part2)の完全な繋ぎ作な内容なんだけど、
意外と満足度は高いのが不思議です。

主人公のカットニスの活躍するようなシーンはほとんど皆無で
お得意の矢を放つシーンなんかは1回しかありませんww

それでも、ジェニファー・ローレンスの演技力は抜群に発揮されていて、
政治的プロパガンダに利用されている事に自覚しながらも
それが必要になのを理解し、大きな流れに翻弄されていく様子を見事に演じています。

主演のジェニファー・ローレンスの魅力で
ダイバージェントを筆頭に似たようなディストピア物が乱立する中で、
頭1つ抜け出ている形になっています。

周りを固めている俳優陣も
ウディ・ハレルソン、ジュリアン・ムーア、フィリップ・シーモア・ホフマンと
個性的でちょっとクセのある名優陣で固めていて
それも大きな魅力です。

もはやゲーム的要素は皆無ですが、
政治的な要素も含んでいて、原作がティーン向けの小説だとは思えないぐらい
複雑な魅力を含んだ作品になっています。

最終章の後篇が楽しみです。

a0114618_22492706.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-12-05 00:00 | 映画&ドラマ


<< バトルヒート(原題:SKIN ... ピエロがお前を嘲笑う(原題:W... >>