007 カジノ・ロワイヤル(原題:007 Casino Royale)

007 カジノ・ロワイヤル(原題:007 Casino Royale)

2006年公開のイギリス・アメリカ合作映画で、
イアン・フレミングもよる小説「007シリーズ」が原作
007シリーズの21作品目にして、初のリブート作(1967年公開がリブート元)
そして、6代目ボンドに抜擢されたダニエル・クレイグの初作品です。

内容は、
英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンドは、
最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。
テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、
モンテネグロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。
(シネマトゥディ参照)


監督:マーティン・キャンベル
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド

主な出演者
ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン
ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、amd more...


スペクターを劇場で観ようと思って、
ダニエル・クレイブの007シリーズを復習


あれ?内容全然覚えて無かったww

なので、初見だと思って感想を。

ダニエル・クレイブが抜擢された当時
金髪で低身長(それでも178cmだが)ということで、
アンチダニエルボンドが世界中に出てきたらしいですが、
当時シリーズ歴代最高収益を叩きだして黙らした(?)作品です。

確かに面白い!!
ただ、これが大ヒットしたせいで、
ダニエル版007シリーズがシリアス路線に傾いたんだと思います。
(元々決まってたかもしれませんがww)

007の定番のカーアクションやスパイアイテムの登場は少ないながらも、

爆弾犯役を演じているセバスチャン・フォーカン(パルクールの創始者の内の1人)との
手に汗握るアクロバティックなアクションや、

カジノでのハラハラ物のポーカー勝負、ヒロインとの真剣な恋と
シリアス路線ならではの見所が盛りだくさんです!

そして、ボンドガールのエヴァ・グリーン
最近はセクシーな悪女のイメージが強いですが、
本作ではほんとキュート!!もう完全に目を奪われましたww

序盤全くと言って良い程に出演シーンはありませんが、
そのフラストレーションを吹き飛ばすかの如く、
インパクトのある役を演じています。

個人的にはシリアス路線よりも以前の雰囲気の方が好きですが、
これはこれで面白い。新シリーズ第一作目にふさわしい作品です!!

a0114618_10585983.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-12-08 00:00 | 映画&ドラマ


<< スター・ウォーズ エピソード2... バトルヒート(原題:SKIN ... >>