百円の恋

百円の恋

2014年公開の日本映画です。

内容は、
32歳の一子は実家でだらしない毎日を過ごしていたが、
離婚して実家に戻ってきた妹の二三子といざこざを起こし、
一人暮らしをすることに。100円ショップで深夜労働にありつき、
相変わらずな日々を送っていたものの、
ボクサーの狩野と恋に落ちる。
狩野との幸せな日々はすぐに終わってしまうが、
ある日、たまたま始めたボクシングが一子の人生を変える。
(シネマトゥディ参照)


監督:武正晴 脚本:足立紳

主な出演者
安藤サクラ、新井浩文、早織、坂田聡、宇野祥平、and more...


全く情報無しで観ましたが、安藤サクラさんがスゴイ!!

初めは怠惰な生活でだるっだるの体をしていたのが、
ボクシングを始めて少しずつ体つきが変わって、
最後にはかなり引き締まった体に変貌しています。

体つきの変化だけでなく、表情の変化も見事で、
安藤さんの役者魂と演技力だけで観る価値ありです。

登場人物がほとんどクズみたいな人物ばかりで、
主人公もその例外ではなく、
無気力でやる気もなくダラダラ生きているだけ。

姉妹ケンカをしてから、実家を出て1人で生活を始めてからも
本質が変わることなく、
どんなことが起こったり何をされても
それほど感情を動かされることのない毎日

失恋をきっかけにボクシングを始め、
少しずつ心身ともに変化していき
そしてラストの試合後にある感情の爆発

この過程が秀逸で、人間の目覚めと成長を見事に描いています。

なんともこの映画の良さを伝えるには言葉足らずだな・・・
自分の表現力の無さに凹む。

P.S
にしても、安藤さんと新井さんの死んだ目が・・・ww

a0114618_02061425.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-12-13 00:00 | 映画&ドラマ


<< 007 スペクター(原題:Sp... サンタクロースになった少年(原... >>