スター・ウォーズ/フォースの覚醒(原題:STAR WARS: THE FORCE AWAKENS)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(原題:STAR WARS: THE FORCE AWAKENS)


現在公開中(2015年12月現在)のアメリカ映画で、
1977年公開「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
1980年公開「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
1983年公開「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
1999年公開「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
2002年公開「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
2005年公開「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
に続くシリーズ7作品目です。

スピンオフ作品
2008年公開「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(アニメ映画)

内容は、
遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
第2デス・スターが破壊されたエンドアの戦いから約30年後。
銀河帝国の残党により「ファースト・オーダー」と呼ばれるグループが結成され、
再び圧政を始めていた。
最後のジェダイであったルーク・スカイウォーカーは数年前から行方を絶っており、
ルークの双子の妹、レイア・オーガナ将軍はファースト・オーダーに立ち向かうためにルークを探していた。
ルークの所在が記載されている地図を手に入れた
レジスタンスのポー・ダメロンは砂漠の惑星「ジャクー」でファースト・オーダーに捕まるが、
その直前にその地図を自分のドロイドであるBB-8に託す。
その後BB-8は、ジャクーで孤独な少女レイに出会い行動を共にする。
一方、ポーの捕獲作戦でジャクーにおけるファースト・オーダーの殺戮に
参加していたストーム・トルーパーの1人フィンは、
あまりの残虐さにファースト・オーダーの存在に疑問を持ち、
ポーと共にファースト・オーダーのファイナライザーからTIEファイターで脱走し、
ジャクーでレイとBB-8に出会う。
その後すぐに、BB-8を捕らえようとする
ファースト・オーダーの追手に襲われたレイとフィンは、
たまたま近くにあった宇宙船でジャクーを脱出する。
その船こそ、盗まれたためハン・ソロの手から離れていたミレニアム・ファルコンだった。
(Wikipedelia参照)


監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス、マイケル・アーント

主な出演者
アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ
ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー
オスカー・アイザック、and more...


来ました来ましたスターウォーズの最新作!

正直そこまでコアなSWファンではありませんが、
それでもSFの歴史を変えたSWシリーズの最新作なんて
楽しみにしないわけありません!

公開初日は仕事で無理だったものの、
2日遅れの20日に行ってきました。

もちろん劇場はIMAX3Dを選択!

冒頭の文字列が出てきた瞬間テンション上がりました!!

公開初日限定で予告なしでいきなり文字列スタートは大正解!
僕もそれで観たかった・・・。

ルーカスフィルムがディズニー買収されてしまってるので、
ちょっとディズニーの大衆的な部分(それも好きですが)と
SWが合うのかちょっと心配してましたが、

SWファンだと公言しているJ・J・エイブラムスの綿密な脚本のお陰で
そんな心配は杞憂に終わりました。

良い!!
前シリーズからの繋ぎも違和感なく繋がっていますし、
X−ウィングのドッグファイトやミレニアムファルコンの登場のさせ方、
ルーク、レイア、ハンソロやチューバッカなど旧シリーズの人物の登場のさせ方
などファンも納得の内容ですし、

ストーリーも
レイの生い立ちの謎や、親子の確執と
旧シリーズ(とりわけエピソード4)への愛情やリスペクトも感じられて、
新シリーズの序章としては素晴らしい出来に仕上がっています!

BB-8を始め新キャラも魅力たっぷりだし、
次作が楽しみでたまりません!

a0114618_23114151.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2015-12-23 00:00 | 映画&ドラマ


<< ロッキー2(原題:Rocky II) スター・ウォーズ エピソード3... >>