あと1センチの恋(原題:Love, Rosie)

あと1センチの恋(原題:Love, Rosie)

2014年公開のイギリス・ドイツ映画で、
セシリア・アハーンの小説「愛は虹の向こうに」が原作です。

内容は、
ロージーとアレックスは6歳のころからの友達同士。
自分たちの住むイギリスの田舎町を出て、
アメリカのボストンの大学へ進学しようと約束し、二人とも合格。
ところがロージーは、クラスの人気者クレッグと軽い気持ちで関係を持ち、
身ごもってしまう。
アレックスはボストンへ移り、ロージーは一人で子育てに奮闘するが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:クリスチャン・ディッター 脚本:ジュリエット・トウィディ

主な出演者
リリー・コリンズ、サム・クラフリン、タムシン・エガートン
スキ・ウォーターハウス、クリスチャン・クック、etc...


いわゆるロマンチックコメディで、
男女の友情と恋愛のすれ違いを描いています。

ストーリーの展開はロマンチックコメディの定番ともゆうべきもので、
ラストも想像通り。
これはこのジャンルでは特に問題なる所では無いのでスルーします。

恋愛のすれ違いポイントだとかは、
「あるある」ネタが盛りだくさんで
まどろっこしい恋愛をした人(特に女性)は共感できますし、

要所要所で使われるBGMも場面にぴったりで
笑わせてくれたり、切なくさせてくれたりを助けてくれるドンピシャの曲ばかり!!

主役2人も
リリーコリンズは幼さを残したキュートな女性を演じていますし、
(いやホント可愛いww)
サム・クラフリンも優柔不断なイケメンを好演しています。

で・す・が、、、
主人公2人に感情移入はできるものの、正直全く共感できない。
共感できるのは妊娠するまでかな~。

ちょっとした伏線や小ネタで笑わせてくれたり
BGMやあるあるネタで惹きこまれるんですが、
感情移入ができないので、感動まで至らない。

きっと女性目線で観るともうちょっと違う形になるんだと思うんですが、
個人的には思ったほどハマりませんでした。

a0114618_05530992.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-01-22 00:00 | 映画&ドラマ


<< パレードへようこそ(原題:Pr... 駆込み女と駆出し男 >>