白鯨との闘い(原題:In the Heart of the Sea)

白鯨との闘い(原題:In the Heart of the Sea)

2015年(日本では現在公開中 2016年1月現在)公開のアメリカ映画で、
ハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」のモデルとなった事件を描いた
ナサニエル・フィルブリックの「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」が原作です。

内容は、
1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するために
アメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港する。
一等航海士オーウェン・チェイスをはじめとする乗員たちは、
太平洋沖4,800キロメートルの海域で白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇。
彼らは強大な敵を相手に必死で抵抗するものの船を沈没させられ……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ロン・ハワード 脚本:チャールズ・レーヴィット

主な出演者
クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィー
トム・ホランド、and more...


「白鯨」のモデルとなった事件ってことぐらいしか知らないので、
勝手に鯨版のジョーズみないな感じかな~と思っていましたが、
いやはや全く別物でした。

たしかに巨大な鯨には圧倒的な迫力がありますが、
本作で描きたいのはきっとそこではありません。

日本人にわかりやすく「白鯨との闘い」ってゆう邦題がついていますが、
原題の「In the Heart of the Sea」が表すように、
鯨との闘いがメインで描かれているわけではありません。

圧倒的な鯨に対して人間達はなすすべもなくやられてしまいますし、
船も破壊され食料も尽き、極限状態に追い込まれた人たちのサバイバルの様子や
そんな状況だからこそ現れる人間性や友情など人間ドラマがメインで描かれています。

日本人になじみの薄い「鯨油(江戸時代には燃料や農業用に使用していましたが)」の
抽出する様子なんかも(結構気持ち悪い)しっかりと描いているので、
よりリアリティを感じることができます。

そして語り手であるニッカーソンが少年時代に体験した苦悩や思いを
「白鯨」で片足を白鯨に奪われたエイハブ船長に反映されているのかと思うと
思わずグッとさせられます。
(なので、軽~くでも「白鯨」の情報を入れて観ると良いと思います)

大迫力の映像も良いですが、重厚な人間ドラマが楽しめる良い作品です。

P.S
個人的にハンマーをモリに持ち替えたクリス・ヘムズワースよりも
キリアン・マーフィーが相変わらず良い味出してるのにテンションあがりました。

a0114618_15572373.jpeg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2016-01-25 00:00 | 映画&ドラマ


<< ザ・ウォーク(原題:The W... パレードへようこそ(原題:Pr... >>