カリフォルニア・ダウン(原題:San Andreas)

カリフォルニア・ダウン(原題:San Andreas)

2015年公開のアメリカ映画です。

内容は、
巨大地震が発生し、猛烈な揺れに襲われたカリフォルニア。
超高層ビル群やゴールデンゲートブリッジが次々と倒壊し、
ロサンゼルスなどの大都市が相次いで壊滅。
救難活動に奔走するレスキュー隊のパイロット、
レイはサンフランシスコに残された娘の救出に向かうが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ブラッド・ペイトン
脚本:アラン・ローブ、カールトン・キューズ、and more...

主な出演者
ドウェイン・ジョンソン、カーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ
ヨアン・グリフィズ、ウィル・ユン・リー、カイリー・ミノーグ、and more...


家の映画視聴環境を整えておいて本当に良かった。

ザ「ディザスター映画」映画って感じで、
重低音で響く爆音と画面いっぱいに広がる大迫力の映像がスゴイ!!

3.11の記憶も生々しく残る日本人には少々キツイものがありますが、
異常気象や災害が多い近年では人ごとに感じないのも事実

なので、この映画は一見の価値ありです。

ロック様ことドウェイン・ジョンソンの
陸、海、空それぞれで自然に立ち向かっていくい様子は
シンプルにカッコイイですし、

豊満なおっぱいのじゃなくて、
(父親の職業のお陰で)豊富な知識をもった娘は
可愛いしかっこいいし応援したくなりますww


ですが、
突っ込み所が多くて手放しで褒められません。


主人公の行動原理は親子愛なのでまぁわかるんですが、
レスキュー隊の隊長ですよね?大勢助けが必要な人がいるなか

仕事で使うヘリを自分の家族を使う為だけに使用して
それが壊れてからは完全に自分の為だけに行動
それを許可するレスキュー隊の本部も本部ですがww

滅私奉公だけが美学とも思いませんし、
家族を思う心が美しいのもわかります。

ですが、映画の主人公がそれしちゃうの
ちょっとひっかかってしまうのは僕だけでしょうか・・・。

その点に目を瞑れば、ディザスター映画として十分に楽しめる良い作品です。

P.S
カイリー・ミノーグが出演しているのもその微妙な立ち位置にもビックリ・・・ww

a0114618_03175819.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-02-02 00:00 | 映画&ドラマ


<< 007 私を愛したスパイ(原題... ブラック・スキャンダル(原題:... >>