オデッセイ(原題:The Martian)

オデッセイ(原題:The Martian)

2015年(日本では現在公開中)のアメリカ映画で、
アンディ・ウィアーの小説「火星の人」が原作です。

内容は、
火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。
乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、
彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、
わずかな食料しかない危機的状況で、
ワトニーは生き延びようとする。
一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、
仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。
(シネマトゥディ参照)


監督:リドリー・スコット 脚本:ドリュー・ゴダード

主な出演者
マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ
マイケル・ペーニャ、ショーン・ビーン、ケイト・マーラ
セバスチャン・スタン、キウェテル・イジョフォー、and more...

公開初日IMAX3Dで視聴してきました。

予告の感じと監督がリドリー・スコットとゆうことで
重厚なサスペンスサバイバル作品かと思っていましたが、
そうではありません。

確かにリアリティあるSF描写はあるものの
本作の核はそこではなくて

懐かしいディスコミュージックをバックに
困難に合う度に科学知識を武器にポジティブに乗り越えて行く
主人公やNASAの面々の姿勢にあります。

コミカルな描写が多く、クスっとさせてくれ
かつテンポ早めの展開なので
陥った困難の大きさが伝わってきづらい点がちょっとだけ気になりますが、
重たくならな過ぎない為にちょうど良いのかも。

マイナス点は最近市場が拡大しているC国に媚びたような点ぐらい
(原作ではここどうなってるんだろう?)

オススメのSF作品です!

a0114618_11501803.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-02-08 00:00 | 映画&ドラマ


<< 「僕の戦争」を探して(原題:V... 007 私を愛したスパイ(原題... >>