バルフィ! 人生に唄えば(原題:BARFI! )

バルフィ! 人生に唄えば(原題:BARFI! )

2011年(日本では2014年)公開のインド映画です。

内容は、
バルフィは、生まれたときから耳が聞こえないことで会話ができないものの、
目線と身振り手振りで感情を表現し、
街の人気者となっている。
資産家との愛のない結婚に悩むシュルティはバルフィに思いを寄せていた。
一方、家族からの愛情に恵まれなかったジルミルも、
バルフィにだけは心を開き、次第に惹かれていく。
(シネマトゥディ参照)


やっぱりボリウッドは侮れない!!

最早唐突に踊りだすようなインド映画らしさはなりを潜め
ヨーロッパの映画を観ているかのような
美しくて感動的な作品に仕上がっています。

そんな美しい映像美に合わせて
情景にぴったりとあった音楽も見事!
サントラ買おうか迷うぐらい

主人公は話せないので身振り手振りで感情を表現するんですが、
これが本当に豊か!サイレント映画を思わせるような大げさなアクションが
これでもか!!ってぐらいに感情に訴えかけてきます。

ヒロイン2人も魅力的で、
シュルティ演じるイリヤーナ・デクルーズは超絶美しくて、
物語に関係なく見とれてしまいますし

ジルミル演じるプリヤンカー・チョープラも純粋そのもののような
自閉症の女性が愛らしくて愛らしくて

しかも2人とも演技が達者なので言うことありません。

ストーリーは多少突っ込み所があるものの
いくつもの愛を描いてあって、
切なくて、歯がゆくて、愛おしくて・・・
思わず感涙ものでした。

心に残る名作です。

a0114618_12001086.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-02-11 00:00 | 映画&ドラマ


<< かぐや姫の物語 「僕の戦争」を探して(原題:V... >>