アリスのままで(原題:Still Alice)

アリスのままで(原題:Still Alice)

2014年(日本では2015年)公開のアメリカ映画で、
リサ・ジェノヴァの同名小説が原作です。

内容は、
50歳の言語学者アリスは、大学での講義中に言葉が思い出せなくなったり、
ジョギング中に家に戻るルートがわからなくなるなどの異変に戸惑う。
やがて若年性アルツハイマー病と診断された彼女は、
家族からサポートを受けるも徐々に記憶が薄れていく。
ある日、アリスはパソコンに保存されていたビデオメッセージを発見し……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:リチャード・グラツァー、ワッシュ・ウェストモアランド

主な出演者
ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート
ケイト・ボスワース、ハンター・パリッシュ、and more...


タイミングが合わなくて劇場で観ることができませんでしたが、
ようやく観る事ができました。

言語学の権威であるアリス
仕事にも家族にも満たされていた中、若年性アルツハイマーにかかってします。

「言葉」に全てを懸けていたアリスから
少しずつ言葉がこぼれていく様子は筆舌に尽くし難いものがあります。

その主人公を演じるジュリアン・ムーアの圧倒的な演技は絶品の一言!
(第87回アカデミー賞で主演女優賞を受賞)

家族の接し方や家族の愛の形が少しずつ変わっていくのも見所の1つです。

中盤のスピーチは感涙ものの場面ですが、
病が治ってしまうような奇跡もなく、
感動的な瞬間があろうとも病気が進行していく哀しさが
ラストを一層印象的にさせています。

哀しくも愛を描いた作品です。

a0114618_09322822.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-02-13 00:00 | 映画&ドラマ


<< ドラゴン・ブレイド(原題:DR... かぐや姫の物語 >>