スティーブ・ジョブズ(原題:Steve Jobs)

スティーブ・ジョブズ(原題:Steve Jobs)

2015年公開(日本では現在公開中)のアメリカ映画で、
ウォルター・アイザックソンによる伝記「スティーブ・ジョブズ」が原作です。

内容は、
1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、
スティーブ・ジョブズは部下のアンディともめている。
今回ジョブズはどうしてもMacintoshに「ハロー」とあいさつさせたかったが、
当の主役は沈黙したままだ。
マーケティング担当者のジョアンナは諦めるよう説得するが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ダニー・ボイル 脚本:アーロン・ソーキン

主な出演者
マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン
ジェフ・ダニエルズ、and more...


2013年に同じく公開されたスティーブ・ジョブズを描いた
伝記映画「スティーブ・ジョブズ(原題:Jobs)」があまり良い出来では無かったので、
本作も期待していませんでしたが、
面白い!!


1984年のMacintosh、1988年のNeXTcube、1998年のiMac
ジョブズにとって、アップルにとって象徴的とも言べきプレゼンテーションを行う
直前の舞台裏の数十分だけで、
ジョブズの人間性を表している表現力は流石の一言。

ジョブズ信者にはちょっと物足りなかったり、そうじゃねぇよって思うかもしれませんが、
そうではない普通の人には十分に伝わるものがあると思います。

膨大ともいうべき会話劇と舞台裏をのぞいてるような錯覚起こさせるカメラワークだけで
表現してあって、リアリティのある舞台を観てるかのようで、
演者の方達には脱帽です。

ジョブズの際立っている長所かつ短所を
切り取られた人生の一瞬だけで表現出来ているオススメできる作品です。

a0114618_11502638.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-02-27 00:00 | 映画&ドラマ


<< 久々のお買い物 ナイト ミュージアム/エジプト... >>