ステップ・アップ(原題:Step Up)

ステップ・アップ(原題:Step Up)

2006年(日本では2007年)公開のアメリカ映画で、
シリーズの第1作品目です。

内容は、
ボルチモアの貧しい家庭で育った不良少年タイラーは、
ある事件をきっかけに有名な芸術学校で奉仕活動をすることに。
ストリートダンスが得意な彼は、
バレエダンサーのノーラと学校で出会い、
ひょんなことから彼女のダンスパートナーとして発表会を目指すことになる。
(シネマトゥディ参照)


監督:アン・フレッチャー
脚本:デュエイン・アドラー、メリッサ・ローゼンバーグ

主な出演者
チャニング・テイタム、ジェナ・ディーワン、ダメイン・ラドクリフ
ディシャーン・ワシントン、マリオ、ドリュー・シドラ、and more...

青春ダンス映画シリーズの第1弾!

ずっと観たかったシリーズの第1弾目!

面白い!どんどんと続編が作られるのもよく理解できます!

初めはちょっと(かなり)嫌な奴だった主人公が
ひたむきにダンスに打ち込むヒロインと接することで
少しずつ心が変わっていく。

ってかなりベタな展開ではあるんですが、
ダンスが素晴らしいのとストレートに伝わってくる演技とで
ベタさが逆に心地良い。

最後まで大人数で踊るダンスを見せないから
興奮がクライマックスのダンスで頂点に!

夕日をバックに踊るシーンも幻想的でクライマックスに匹敵する名シーン

ダンス自体は続編のダンスに比べると迫力は少々落ちますが、
ヒップホップでもストリートでもなくて
バレエをベースに色々とミックスされたダンスは
新鮮かつ斬新で心を打たれます!!!!!



a0114618_06194302.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2016-03-06 00:00 | 映画&ドラマ


<< ステップ・アップ2:ザ・ストリ... ラブ&ピース >>