アーロと少年(原題:The Good Dinosaur)

アーロと少年(原題:The Good Dinosaur)

2015年公開(日本では公開中:2016年3月現在)
ピクサー・アニメーション・スタジオのアニメ映画です。

内容は、
3きょうだいの中でも体が小さな末っ子アーロは、甘えん坊で臆病な性格のため、
常にみんなにからかわれていた。
アーロは体が大きい兄や姉たちに少なからず劣等感を抱いていたが、
両親の深い愛情に包まれてすくすくと育っていく。
だが、ある日、アーロは川の急流にのまれ、
たった一人で見覚えのない場所にたどり着き……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ピーター・ソーン

主な出演者(声優)
レイモンド・オチョア、Jack Bright、サム・エリオット
アンナ・パキン、A.J.バックリー、ジェフリー・ライト
フランシス・マクドーマンド、スティーヴ・ザーン、etc...


久々に劇場でピクサー映画の視聴

今回は隕石が激突せず、恐竜が滅ばなかった地球が舞台なんですが、

大自然の映像が圧倒的な美麗!!

もうCGアニメに見えないレベルで、実写か?と思ってしまうぐらいの美しさです。

ストーリーはちょっとありきたりでベターではありますが、
そんなベタな内容でも感動させる説得力はさすがのピクサー!

(ここからややネタバレ)


特に、スポットの泳ぎ方を観てアーロが泳ぎ方を覚えて
後半のシーンでアーロが泳いでスポットを助けるシーンと

アーロが家に帰ってきた時に母親が一瞬父親と勘違いするシーンで

アーロの成長が特に描かれていてそのシーンにハッとさせられます。


キャラクターは
恐竜達を擬人化していて、
農業している恐竜やカウボーイのように牛を放牧している恐竜がいたり、
人間を言葉を話せない犬のように表現したりと工夫が凝らされています。
が・・・よくよく見るとライオンキングに似てないか?

特に牛泥棒のラプトル達なんてシェンジ・バンザイ・エドのハイエナトリオそっくり・・・


それでも総合的に十分満足できるアニメ映画です。

a0114618_02375524.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-03-19 00:00 | 映画&ドラマ


<< わたしに会うまでの1600キロ... 007 ムーンレイカー(原題:... >>