ちはやふる 上の句

ちはやふる 上の句

現在公開中(2016年4月現在)の日本映画で、2部構成の前編
末次由紀の漫画「ちはやふる」が原作です。

内容は、
同級生の千早、太一、新は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。
小学校卒業を機に彼らはバラバラになってしまうものの、
千早は単独で競技かるたの腕を磨く。
高校に進学した千早は再会を果たした太一と一緒に競技かるた部を立ち上げ、
この世界に導いてくれた新を思いながら全国大会を目標とする。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:小泉徳宏

主な出演者
広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、
清水尋也、坂口涼太郎、國村隼、and more...


主演初め演者の方たちのビジュアルが原作とかなりイメージ違うので
正直劇場で観る気はありませんでしたが、
あまりにも周りの評判が高いので劇場へ!

原作ファンでもあるので恐る恐る観始めると・・
横っ面をはたかれた感じ!
予想を裏切りすごく良い作品!!

冒頭、主演の広瀬すずさんが抜群の身体能力で競技かるたの
迫力や魅力を表現してくれるので、
一発で競技かるたの世界観が伝わっていきますし、

似てないな~と思っていた演者さん達の演技がどれも素晴らしい!!

全員良かったんですが、
特筆すべきは3人

まずは主演の広瀬すずさん!
今勢いのある人ですが、
まさにハマリ役でした!(ビジュアルは似てないんだけど)
原作で残念美人と評される気持ちのいいバカの主人公を
これでもか!と演じていて、
グッ感情を揺さぶられるシリアスな部分から
一気に脱力させるコミカル演技は素晴らしい!
何度となく使用される白目シーンは爆笑です!

2人目は上の句の影の主人公ともいうべき真島太一を演じる野村周平さん
劇中で高身長、イケメン、頭がいい、スポーツ万能と
学校のヒエラルキーで言う1軍に入るスペックを持っていますが
こと競技かるたにおいては凡人で、
天才に勝てないことへの苦悩、
幼少期それに抗うことができずに卑怯なことをした自分に感じる負い目があったりと
凡人が苦悩していく様子とその成長を見事に演じています。

3人目は
上の句のキーパーソンともいうべき駒野勉を演じる森永悠希さん
かなり原作とキャラが違いますが、
映画版では改変されつつも重要なキャラクターに仕上がっています。
勉強一筋で友達もおらず、初めて出会った仲間と
そこで役に立てない葛藤を演じていて、
前述した真島太一と同じく凡人としての苦悩と成長を見事に演じています。

そしてそんな各キャラクターの心理描写とストーリー展開に合わせるかの如く
百人一首の詩がリンクしていく描写は見事の一言!!!!

しっかりと感情移入ができて、大いに笑わされて、そして涙させられる。
下の句を観ないと断定できませんが、青春映画としてかなり高いクオリティの名作です!

下の句が楽しみです。

P.S
個人的に西田の名前ネタを何回も繰り返すことろに
一番ツボって笑わされました。

a0114618_11534984.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-04-08 00:00 | 映画&ドラマ


<< グローリー/明日への行進(原題... ライアの祈り >>