リトルプリンス 星の王子さまと私(原題:The Little Prince)

リトルプリンス 星の王子さまと私(原題:The Little Prince)

2015年公開のフランスのアニメ映画で、
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説
「星の王子さま」の後日談として製作されています。

内容は、
母親の言う通りに、
いい学校をに入るべく必死で勉強する少女の隣家には、
昼間は裏庭にある破損した飛行機を修理し、
夜は望遠鏡で空を見ている老人が暮らしていた。
引っ越してきて以来彼のことが気になっていた少女は、
ある日母親に黙って老人と接するようになる。
若かった時代に飛行士だったという老人は、
かつて不時着した砂漠で出会った男の子の思い出を語りだすが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:マーク・オズボーン
脚本:イリーナ・ブリヌル、ボブ・パーシケッティ


主な声優
ジェフ・ブリッジス、マッケンジー・フォイ、レイチェル・マクアダムス
ジェームズ・フランコ、ベニチオ・デル・トロ、and more...

日本語吹き替え版
津川雅彦、鈴木梨央、瀬戸朝香、伊勢谷友介、竹野内豊、and more...


原作が名作なので内容は如何に?と思っていた所に
以外な形でぶち込まれました。

(この物語の)現実の世界と原作の世界の対比が素晴らしく秀逸!

現実世界は最新の(?)3D-CGで描かれ
原作のお話部分は
昔懐かしい切り紙アニメのストップモーション(日本の和紙を使っているらしい)

これだけでも良いのに、

CGのシステマチックな大人の世界観を表現する
俯瞰と強調した映像は構図も含めカッコイイし

ストップモーションの質感や淡い色合いも美しくて
惹きこまれます。

そして、名作の続編としての解釈の仕方が本作のテーマになっていて、
虚構と現実が混じり合い
現実世界のの主人公と原作世界のそれぞれの成長が描かれ
新解釈されたラストに感動させられます。

原作が好きでも好きでなくても楽しめる良い作品です。

P.S 吹き替えも素晴らしかった~。

a0114618_18530764.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-04-24 00:00 | 映画&ドラマ


<< エール!(原題:THE BEL... リアル鬼ごっこ >>