エール!(原題:THE BELIER FAMILY)

エール!(原題:THE BELIER FAMILY)

2014年公開のフランス映画です。

内容は、
フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、
高校生の長女ポーラ以外、全員が聴覚障害者。
ある日音楽教師トマソンに歌の才能を認められ、
パリの音楽学校で行われるオーディションを勧められたポーラは喜ぶものの、
歌声を聴けない家族から反対される。
家族のコミュニケーションに欠かせないポーラは、考えた揚げ句……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:エリック・ラルティゴ

主な出演者
ルアンヌ・エメラ、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン
エリック・エルモスニーノ、and more...


主人公は歌の才能を持った少女で
その家族(父、母、弟)は聴覚障害者

社会的マイノリティのはずの聴覚障害者の家族の中にいる
社会的にマジョリティのはずの主人公


この設定自体が秀逸です!


音楽の才能を音楽教師に見いだされながらも
歌声を聴こえない家族はその才能を信じれず、
また、健常者の娘に頼っていて、
そして娘が離れて行く寂しさも相まって
パリでのオーディションに反対する

どちらの気持ちも分かるだけに観ていて辛い気持ちになりますし、


自分の夢と家族への思い、そして自分の才能を信じてくれる教師や友人
その板ばさみになる様子もより一層感情移入させられます。


所々に挟みこまれるちょっと下品な下ネタなどコミカルな部分もあって
全体を暗くなり過ぎないように良いバランスになっていますし、
主人公や家族が成長していく様子にも感動させられます。


物語後半の2つの歌うシーンには思わず涙腺崩壊させられました。



ここからネタバレあり


①学校のコーラスの発表会で耳の聴こえない家族の視点で
舞台上の娘とそれを歌声を聴いて感動している観客の様子から
娘の才能を感じ取るシーン
この表現方法はベタかもしれませんが、
それでもストレートに家族(主に父の)感じた様子を伝えてくれます。

②オーディションでの歌のシーン
歌詞の意味を手話で家族に伝えるんですが、
その歌詞の内容がそのまま家族へのメッセージになっていて感動です!
これもよくあるものですが、ここまでの物語の経緯を踏まえると
特別なシーンへと変貌を遂げています!


少し変わったタッチではありますが、
根本は家族への愛と成長の物語です。


P.S
少女と家族の成長に焦点を合わせる為か
父親の選挙、片思いしていた男の子の苦悩と疑惑
なんかは何も解決しないまま終わるのは逆に良かったんだけど、
気になる人はすごく気になってモヤモヤするかもだな~。

a0114618_18250028.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-04-25 00:00 | 映画&ドラマ


<< リーサル・ウェポン(原題:Le... リトルプリンス 星の王子さまと... >>