ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

2015年公開のフィンランド・ドイツ・イギリス映画です。

内容は、
フィンランド上空でアメリカ大統領専用機が、
テロリストの攻撃によって人里離れた山中に落ちてしまう。
大統領は緊急脱出ポッドに避難し難を逃れるも、
ポッドの位置をロストしてしまった国防総省は救助隊を派遣することができずにいた。
テロリストに追い詰められ危機的状況に陥った大統領は、
鹿狩りをしていた13歳の少年と出くわし、
共にサバイバルを繰り広げることに……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ヤルマリ・ヘランダー

主な出演者
サミュエル・L・ジャクソン、オンニ・トンミラ、フェリシティ・ハフマン
ヴィクター・ガーバー、テッド・レヴィン、ジム・ブロードベント
レイ・スティーヴンソン、and more...


サミュエル・L・ジャクソン主演だけどハリウッド作品では無いので、
ハリウッド的ではない不思議な感じ。

予告編観たら、
凄腕少年ハンターが色んな知識で敵を倒すってゆう感じだと思っていたら
ちょっと違いました。

弱気でダメな少年が成長していく様子を描いてあります。

まぁアクションもCGもストーリー展開もちょっと物足りないぐらいなので
手放しで面白いとは言い難いんですが、

注目すべき点が1点だけあります。

それは根底にあるアメリカ批判。

よくあるハリウッドのアメリカ賛美の描き方では無くて、
コミカルではあるものの「アメリカってダメな国やん」って思わされます。

これが独特な雰囲気を生み出しているので
一見の価値はあります。

P.S
主人公の1人オンニ・トンミラのまなざしと演技は中々見応えあり。

a0114618_20530511.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ

[PR]
by ks-1518 | 2016-05-07 00:00 | 映画&ドラマ


<< ロストボーイ(原題: The ... 花とアリス殺人事件 >>