ズートピア(原題:ZOOTOPIA)

ズートピア(原題:ZOOTOPIA)

現在公開中(2016年5月現在)のディズニーのアニメ映画です。

内容は、
ハイテクな文明を誇るズートピアには、
さまざまな動物が共存している。
そんな平和な楽園で、ウサギの新米警官ジュディは夢を信じる一方、
キツネの詐欺師ニックは夢を忘れてしまっていた。
そんな彼らが、共にズートピアに隠された事件を追うことになり……。
(シネマトゥディ参照)


監督:リッチ・ムーア、バイロン・ハワード
脚本:ジャレッド・ブッシュ、フィル・ジョンストン

主な声優(日本語吹き替え)
上戸彩、森川智之、三宅健太、竹内順子、高橋茂雄、Dream Ami、and more...

なんだこれは!!
名作って聞いてたのに全然違うじゃないか!!

傑作ですやん!!!!

表面上はいわゆるバディ物で、
新米警官のウサギのジュディと詐欺師のキツネにニックが
48時間で事件を解決すべく手を組む・・・

ん?なんか聞いたことあるぞ。
って設定まんま1982年(日本では1983年)公開の「48時間」やんww

2人のキャラクター付けがホント見事で、
愛おしくて愛おしくて
物語が進むにつれてどんどんと魅力がにじみ出てきます。

ズートピアの街並みも
色んな動物に適した構造になっていて、
見ているだけでヘーとかホーとか感心しっぱなし。
一気に世界観に入り込んでいけます。
スタバっぽいお店があったり、アイフォンらしきスマホのリンゴのマークが
ジュディのスマホはニンジンになっていたり、
過去のディズニー作が色んな動物バージョンで存在していたり
小ネタも多数。隠れミッキーもあるらしいし(見つけられませんでしたが)

そして本作が素晴らしいのは
人種差別や女性差別を物語の核に据えてあるところです。

キツネはずるくて、ウサギは弱い、肉食動物は強くて、装飾動物は弱い
そんなイメージでそれぞれの個性を括って
他人を判断する

人間の人種間や肌の色などをステレオタイプな見方で判断している現実に
まんま当てはめられる内容で、
思わずハッとさせられます。

この置き換えが本当に見事で、
爽快な気持ちで見れるのに深く考えさせられる秀逸な作りになっています。

アナ雪を含む色んなパロディも
ふんだんにねじ込まれていて、
気付くとうれしい気持ちになります。

いくつか例を
・ベイマックスのヒロの叔母さんが経営しているカフェが登場
・ミスタービッグがゴッドファーザーのパロディー
・ジュディのアイポットに出てくるアーティスト名
 Fur Fighters → Foo Fighters(フー・ファイターズ)のパロディ
 The Beagles → The Beatles(ビートルズ)のパロディ
 Let it Goat → Let It Go(アナ雪の主題歌)
・イタチが売ってる海賊版DVDがディズニー映画のパロディ
 Floatzen 2 → Frozen 2(アナと雪の女王2)
 Pig Hero 6 → Big Hero 6(ベイマックスの原題)

ディズニー映画の中でもトップクラスに素晴らしい傑作です。

a0114618_02090822.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-05-19 00:00 | 映画&ドラマ


<< パラドクス(原題:El Inc... 殿、利息でござる! >>