あん

あん

2015年公開の日本映画で、ドリアン助川の同名小説が原作です。

内容は、
刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、
徳江という女性がやって来る。
その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。
徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。
そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナと親しくなる。
ところがある日、かつて徳江がハンセン病を患っていたことが近所に知れ渡り……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:河瀬直美

主な出演者
樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、浅田美代子、etc...


スゴイ映画を観てしまった。

樹木希林さんと永瀬正敏さん
2人の大御所が極上の演技をされています。

何気ない会話のやりとりだけで、成立させるのは流石の一言!

希林さんのお孫さんの内田伽羅さんも控え目な性格の少女を
しっかりと演じていて大御所2人にくらいついていますし

その他人たちも会話がとてもセリフとは思えない
ナチュラルなもので、映画とゆうことを一瞬忘れさせるぐらい。

ストーリーは重いテーマを
どら焼きの生地とアンをを表層部分と深層部分に対比させるような形で
何気ない会話で高尚なユーモアを交えつつ描いているも見事!

美しい情景を切り取ったカメラワークも素晴らしい。

円熟した2人の演技を堪能できる素晴らしい作品。

a0114618_07425104.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-05-23 00:00 | 映画&ドラマ


<< 忘れないと誓ったぼくがいた マーシュランド(原題:La i... >>