くちびるに歌を

くちびるに歌を

2015年公開の日本映画で、中田永一の同名小説が原作です。

内容は、
産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコの代理として、
生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木。
天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、
その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。
住民たちの注目を浴びる中、
彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している合唱部の顧問に。
そして部員たちに、課題として15年後の自分に宛てた手紙を書かせる。
やがて、部員たちがつづった手紙から、
それぞれが抱える苦悩や秘密が浮き上がってくるが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:三木孝浩
脚本:持地佑季子、登米裕一

主な出演者
新垣結衣、木村文乃、桐谷健太、恒松祐里、井川比佐志、下田翔大
葵わかな、柴田杏花、山口まゆ、佐野勇斗、and more...


ハイハイハイ。
わかりやすい感動物でしょ?

このジャンル好きだし、しれっと観てしれっと感動させられましょ。
ガッキーと木村文乃さん出てて目の保養にもなるし。

ぐらいに思って観てみたら・・・

オイ!!感動したよ!泣かされたよ!!

ガッキー(ピアノ)も中学生たち(歌)もガッツリ特訓して挑んだだけあって
説得力のある音と映像に仕上がってるのにまず高評価。


新垣結衣さん演じる柏木ユリ、
下田翔大くん演じる桑原サトル
恒松祐里さん演じる仲村ナズナ

この3人の成長と過去の呪縛からの脱却をメイン軸に
物語が展開していくんですが、

その絡まり具合、伏線の張り方が素晴らしい
いくつかある伏線が回収される度に心の琴線に触れて
頬を涙が伝っていきます。

特にコンクールで歌ってめでたしめでたしと思った後の演出は
小気味いいくらいに感動させられます。

少々気になるところはあるものの
それを感じさせないぐらいの勢いと
島の全てを包み込むような美しさが炸裂して
心にしっとり残る爽やかな作品でした。

P.S
ガッキーが先生で来たらテンション上がって部活に入部する気持ちは
激しく同意するけど、木村文乃さんが先生でも
同じぐらいテンション上がって入部するって。

a0114618_14045651.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-05-25 00:00 | 映画&ドラマ


<< トレマーズ ブラッドライン(原... 忘れないと誓ったぼくがいた >>