007 リビング・デイライツ(原題:The Living Daylights)

007 リビング・デイライツ(原題:The Living Daylights)

1987年公開のイギリス・アメリカ映画で、
007シリーズ第15作でシリーズ誕生25周年記念作品。
イアン・フレミングの短編小説「ベルリン脱出」が原作です。

内容は、
ソ連高官のコスコフが亡命を希望した。
護衛についたボンドは、KGBの殺し屋の手からコスコフを守る。
そして、コスコフの情報から、KGBによるスパイ暗殺計画が告げられた……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジョン・グレン
脚本:リチャード・メイボーム、マイケル・G・ウィルソン

主な出演者
ティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジェローン・クラッベ、and more...


ティモシー・ダルトン版の007第一弾!

といってもダルトン版は次作の消されたライセンスの2本のみ

全く前知識なく観ましたが、
オイオイオイ!面白いやないかい!!

前ボンドのロジャー・ムーア版はかなりコミカル要素強めだったのに対し
結構シリアスよりの内容!

といってもボンドカーは期待を裏切らないハイスペック!

レーザーやミサイルを始めロケットブースターや雪上を走る機能も!
これが男心(子供心)をくすぐります。

ボンドガールのマリアム・ダボも今見ても超キュートで
見惚れるほど。

アクションは肉弾戦は少なめですが、
ドキドキハラハラする展開も多くて十分に楽しめます。

唯一のマイナスポイントは敵キャラがちょっと物足りない。
ラストで戦うある人物もジオラマで遊ぶ幼児性が
怖さまで昇華されずに、ただのバカキャラに感じてしましました。

それ以外は十分に楽しめる良い作品でした。

a0114618_00053659.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-06-03 00:00 | 映画&ドラマ


<< サウスポー(原題:SOUTHPAW) 過ぐる日のやまねこ >>