日本で一番悪い奴ら

日本で一番悪い奴ら

現在公開中(2016年6月現在)の日本映画で、
稲葉圭昭の「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」が原作で、
稲葉事件をモチーフにした作品です。

内容は、
柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一。
裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、
敏腕刑事・村井の助言に従い、
Sを率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと規格外の捜査に乗り出す。
こうして危険な捜査を続けていった諸星だったが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:白石和彌 脚本:池上純哉

主な出演者
綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄、矢吹春奈、瀧内公美、田中隆三
青木崇高、木下隆行、音尾琢真、ピエール瀧、中村獅童、and more...


凶悪以来の白石和彌監督作品。
今回もなっかなかに強烈!!

実在の人物をもとにしたフィクションってことですけど、
劇中で描かれる考えられないような違法な捜査は
当時はそれほど意外なものではなかったらしいので、
絶句してしまうぐらいの驚きを与えられました。

とゆうか、
原作書いた稲葉圭昭さんって、稲葉事件の張本人やないかい!!
それにも同じぐらいビックリです。

R15+指定作品なので、性描写や暴力描写など
過激なシーンが結構ありますが、
そこはエンタメ要素も大きく含んでいることで、
より良いバランスを保っています。


物語は柔道一筋の真面目な青年が周りに評価されたいとゆう一心で、
後先考えず奮闘し、それが空回りして破滅に進んでいくってゆう内容ですが、

あくまで本作が目を向けさせたい先は主人公個人の悪ではなくて、

主人公をそうさせてしまった、道警とゆう組織に向けられているのが秀逸で、
単純な成功と転落を描いた作品とは一線を画す内容に仕上がっています。

主人公の綾野剛さんは、前半と中盤、後半の演技のふり幅がすごく大きくて
過去作と比べても1,2を争うぐらいの暴れっぷりかつ壊れっぷり!
ホント凄い!逆に女性ファンはこんな綾野剛さんは観たくないのかな?

脇を固める方たちも素晴らしくて、
中村獅童さんはオーラとゆうか圧が半端無くて
存在感が圧倒的で見事な演技をされてますし、

園監督作品で俳優デビューしている
YOUNG DAISさんも本業がヒップホッパーだとは思えないぐらい良い演技されてますし、

ピエール瀧さんも少ないシーンながらも主人公に大きな影響を与えた人物にふさわしい
存在感のある演技ですし、

お笑い芸人の植野行雄さんが意外な好演をされているのも見所の1つです。

決して気持ちの良い作品ではありませんが、
実話を基にした観る価値のある1本です。


P.S
格闘家の方が何人も出ててビックリ
総合格闘家のレジェンド高阪剛さん
キックボクシングのムエタイハンター武田幸三さん
総合格闘家の菊野克紀さん
ってみんなチョイ役なのに豪華過ぎる!

a0114618_07143057.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ


[PR]
by ks-1518 | 2016-06-27 00:00 | 映画&ドラマ


<< ナカメでお買いもの クリーピー 偽りの隣人 >>