神様メール(英題:THE BRAND NEW TESTAMENT)

神様メール(英題:THE BRAND NEW TESTAMENT)

2015年(日本では2016年)公開のベルギー、フランス、ルクセンブルグ映画です。

内容は、
ベルギーのブリュッセル。
とあるアパートに家族と共に生活している神は、
慈悲深いという人々が抱いているイメージとは真逆の嫌な人物であった。
自分の部屋に置かれたパソコンを駆使して世界を管理しているが、
いたずらに災害や事故を起こしては楽しんでいた。
そんな父親に怒りを覚える10歳の娘エアは、
家出を考える。
立ち入りを禁じられている父親の部屋に忍び込んだ彼女は、
全人類それぞれの死期を知らせるメールを送信して家を飛び出してしまうが……。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:ジャコ・ヴァン・ドルマル

主な出演者
ピリ・グロワーヌ、ブノワ・ポールヴールド、カトリーヌ・ドヌーヴ
フランソワ・ダミアン、ヨランド・モロー、セルジュ・ラリヴィエール
ディディエ・ドゥ・ネック、ロマン・ジェラン、and more...

コメディ映画なのに(個人的に)そんなに笑える所が無かったり
ラストのオチ的なものは予想できるんだけれども
そこへ到達させる為の道筋や、設定、表現方法が予想の斜め上で面白い!

中々この味は出せない!不思議な魅力があります。

キリスト教圏内では無い日本ではほんの少しわかりづらいネタはありますが、
それが気にならないぐらい、
キャラクターの魅力が溢れていて
ある意味平凡である意味個性的な面々の心の触れ合いがとっても愛らしい!

特に主人公のエアのキュートさったらありません!

エアの特殊な能力の1つに人それぞれの体の中に流れる音楽を聴くってゆうのがあるんだけど
その音楽のチョイスとその場面からBGMがその音楽に変わる手法が見事で
一気にその世界に飛び込ませてくれます。

ふんだんなブラックユーモアの中に埋め込まれたシュールでチャーミングな
コメディファンタジー!
素晴らしい作品です。

PS
エアが下界に降りてきて初めて出会った老人に
JC(ジーザス・クライストつまりイエスキリスト)の事を話した時に
「それはジャン=クロード(・ヴァン・ダム)か?
ダブル・インパクトとかユニバーサルソルジャーの
全く最近の若い子は何も観てないな」って下りが個人的にツボで
劇場で一人で笑ってましたww

a0114618_15064537.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-07-23 00:00 | 映画&ドラマ


<< ファインディング・ドリー(原題... アデライン、100年目の恋(原... >>