ロスト・バケーション(原題:The Shallows)

ロスト・バケーション(原題:The Shallows)

2016年公開のアメリカ映画です。

内容は、
暇で秘境のビーチに来た医者のナンシーは、
サーフィンを楽しんでいた最中に脚を負傷する。
何とか近くの岩場にたどり着いたものの、
ナンシーの存在に気が付いたサメが周囲を旋回していた。
海岸までおよそ200メートルだが、
その岩場が満潮で海面下に沈むまであと100分。
危機的な状況に追い込まれたナンシーは……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジャウム・コレット=セラ  脚本:アンソニー・ジャスウィンスキー

主な出演者
ブレイク・ライヴリー、オスカル・ハエナダ


久々来ましたサメ映画!!

大好きな大好きなサメ映画ですが、
ここ最近全くツボにハマらない作品ばかり
近年だと1999年のディープ・ブルー、2011年のシャークナイトぐらいかな?

そんな中、颯爽と僕の前に現れたサメ映画が本作「ロスト・バケーション」

主演が海外ドラマ「ゴシップガール」の主人公のセリーナを演じている
ブレイク・ライヴリーが本作の主人公

物語はこのブレイク・ライヴリーの一人芝居(+サメ)で描かれるんで
彼女の演技力が大事なんですが、これが見事!

こんな演技巧い人だったっけ?
個人的にブレイク・ライヴリーのベストアクトだと思います。

物語の冒頭、まだサメが出ていない時に
サ-フィン中など
カメラが水の上に出ている間は陽気な4つ打ちのノリの良い音楽
カメラが水中に入ると不穏な空気感の音楽など
差をつけていて、これから何かが起きる不気味な感じが
よく伝わってきます。

ストーリーは

片足をサメにかじられ流血、
岩場(満潮になると水面に沈む)に避難
孤立無縁
岸まで150m(ぐらいだったけ?)

と極狭限定空間で起こる「127時間」のようなソリッドシチュエーション映画で

原題「The Shallows(浅瀬)」のからは巧く想像させる演出になっています。


90分と短い時間の中に濃密に詰め込まれた緊張感。
1つの場面も捨てシーンがなく
最後まで一気に観ることができます。


P.S
ブレイク・ライヴリーの産後だとは思えない
見事なプロポーションも眼福物でしたww

a0114618_15022106.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-07-30 00:00 | 映画&ドラマ


<< シン・ゴジラ ONE PIECE FILM ... >>