ゾンビスクール!(原題: Cooties)

ゾンビスクール!(原題: Cooties)

2015年(日本では2016年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
小説家になるべくニューヨークに行ったものの、
夢に破れて母校の小学校で臨時職員となったクリント。
勤務初日に子供たちから見くびられ、クセモノぞろいの同僚教師に面食らい、
クリントは早くも自信を失いそうに。
そんな中、給食で出されたチキンナゲットを食べた女生徒がゾンビと化してしまう。
彼女に襲われたほかの生徒もゾンビとなり、
校内は一気に阿鼻叫喚の地獄と化す。
クリントらは学校を閉鎖して激闘を繰り広げるが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジョナサン・マイロット、キャリー・マーニオン
脚本:リー・ワネル、イアン・ブレナン

主な出演者
イライジャ・ウッド、レイン・ウィルソン、アリソン・ピル
ジャック・マクブレイヤー、リー・ワネル、ナシム・ペドラド
ホルヘ・ガルシア、and more...


面白い!や全然面白くない!の両方の声を聞きながらも
ゾンビ映画好き!
イライジャ・ウッドが主演と製作総指揮なんだから観ないわけにはいきません。


感想としてましては、「うん、面白い」かな?

ゾンビの行動から設定からリアリティは皆無で完全にコメディ志向のゾンビ映画です。

割とグロシーンはあるんだけど、個人的に一番グロを感じたのは
(ウィルスに感染しているであろう)鶏を加工してチキンナゲットを作っていく過程
何にも誇張してないんだけど、そこだけリアルで…。

しばらくチキンナゲットちょっと食べる気になれないです…。

ゾンビ化した小学生がダメな大人(先生)を襲うってことで
攻撃される側の大人の視点から考えると色々と裏にメッセージを感じれて
ブラックな笑いに繋がっていて単純に割り切れない所もあって好きなんですが、

ブラックでない笑いがちょっと弱くて、
面白いんだけど、大笑いはできないです。

体育教師が主人公(イライジャ・ウッド)に向かって
チビだなホビットかよ!と「ロード・オブ・ザ・リング」ネタをぶっこんでる所は
大好きですがww

他にもチラッと往年の名作映画ネタを突っ込んでる辺りもクスっとさせられます。

良い意味でバカバカしくてブラックな笑いがふんだんに含んだゾンビ映画です。

a0114618_03184460.jpg

★★★☆☆ 星3つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-08-07 00:00 | 映画&ドラマ


<< エージェント・ウルトラ(原題:... ターザン:REBORN(原題:... >>