ターザン:REBORN(原題:The Legend of Tarzan)

ターザン:REBORN(原題:The Legend of Tarzan)

2016年公開のアメリカ映画です。

内容は、
生後間もなく国の反乱が原因で、
コンゴのジャングルで動物たちに育てられた英国貴族ターザンは、
美しい妻ジェーンとロンドンで生活していた。
ある日、政府の命令で故郷へ戻るがそれは巧妙なわなで、
ジャングルを侵略された上に、妻がさらわれてしまう。
愛する妻と故郷を取り戻すべく、
ターザンは内なる野性を呼び覚まして戦うことを決意する。
(シネマトゥディ参照)


監督:デヴィッド・イェーツ
脚本:アダム・コザッド、クレイグ・ブリュワー

主な出演者
アレクサンダー・スカルスガルド、サミュエル・L・ジャクソン、マーゴット・ロビー
ジャイモン・フンスー、クリストフ・ヴァルツ、ジム・ブロードベント、and more...


ジャングルブックと比較する為だけに観た感じはあるけど楽しむ観ることできました。

アレクサンダー・スカルスガルドのバッキバキに鍛えられたの体でのアクションは爽快の一言!

イケメンのムキムキ、中盤からずっと上半身裸なんで、
女子はこれだけでご飯3杯はいけると思いますww

対してジェーン役のマーゴット・ロビーはステキなんだけど、
来月公開のスーサイド・スクワッドでの
ハーレイ・クイン役の期待値が高すぎてちょっと霞んでしまう…。
僕だけでしょうか?

そして主役とヒロインを完全に食ってしまっているのが

名優サミュエル・L・ジャクソンとクリストフ・ヴァルツ!!!!

サミュエルはほんと良い仕事してくれてます。
いわゆる普通の人担当として、ターザンと行動を共にして
観ている自分の変わりに驚いてくれたり、
比較対象としてターザンの凄さを表現してくれています。
コミカルでかっこ良くて…この映画で一番輝いてるのは彼です!!

そして、クセのある敵役を演じているクリストフ・ヴァルツ!
クリストフ・ヴァルツにしてはちょっと物足りない感はあるものの
ヌメっとした嫌~な雰囲気をまとった良い演技をされています。

動物達のCGもリアルで大迫力!
そんなリアルな動物達が後半かなり計算高い動きをするのが
リアリティ無くて逆に面白く感じたりww

ストーリーもダーザンのストーリーに
サミュエル・L・ジャクソン演じるジョージの経歴や人生が巧くからんできて
意外にも深いストーリーになってるのも見事!

あまり期待していなかっただけに楽しめた作品でした。

a0114618_04073142.jpg

P.S
[Alexandros]好きだしNawe, Naweも良い曲だとは思うけど日本語版主題歌って何よ?
いまだに好きになれないんだよな~。



★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-08-06 00:00 | 映画&ドラマ


<< ゾンビスクール!(原題: Co... 海賊じいちゃんの贈りもの(原題... >>