ジャングル・ブック(原題:The Jungle Book)

ジャングル・ブック(原題:The Jungle Book)

2016年公開のアメリカ映画で、
ラドヤード・キップリングの短編小説集
「ジャングル・ブック」「続ジャングル・ブック」が原作で、
1967年公開のディズニーの同名アニメ映画が基になっています。

内容は、
モーグリは、生まれて間もなくジャングルに取り残されてしまう。
黒ヒョウのバギーラから母オオカミのラクシャに託された彼は、
愛情に包まれながら自然の厳しさと生き抜くための知恵と術を学んでいく。
やがて少年となって動物たちと幸せな日々を過ごしていたモーグリは、
人間に恨みを抱くトラのシア・カーンと出会う。
シア・カーンから人間である自分の存在が、
ジャングルやそこに住む動物たちの脅威になると言われ……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジョン・ファヴロー 脚本:ジャスティン・マークス

主な出演者(声優)
ベン・キングズレー、ビル・マーレイ、イドリス・エルバ
ルピタ・ニョンゴ、スカーレット・ヨハンソン、ジャンカルロ・エスポジート
クリストファー・ウォーケン、ニール・セティ、and more...


地元で吹き替えしかなかったので仕方なく吹き替え版を観ることに。
って主人公のモーグリ以外は動物だからそれ程違和感なく観れましたww


ターザンと見比べる為だけに観たけど、
結構これ記念すべき作品だった。

ウォルト・ディズニーがお亡くなりになったのが1966年
そしてウォルトの遺作となったのが1967年公開の「ジャングルブック」

そして没後50年で公開された本作

ただの実写化かと思ったら主人公のモーグリ以外
動物も大自然の様子もフルCGで
ブルーバックの前で演技して合成した
ある意味アニメと実写のハイブリット作品!

にも関わらず変な違和感が無いとはある意味これも進化の1つの形なのか…。

内容はディズニーらしく王道を突っ走っていて、
リアルプーさんのような熊さんや、
家族愛むつまじいオオカミの群れ
マジで怖いトラや凛々しい黒ヒョウなど
ディズニーアニメの世界から飛び出してきたかのような動物達と大自然!

少々こじんまりとした印象は感じましたが、
ディズニーファンには必見の作品です。

a0114618_12464623.jpg

★★★★☆ 星4つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-09-24 00:00 | 映画&ドラマ


<< COP CAR/コップ・カー(... ペット >>