サウルの息子(原題:Saul fia、英題:Son of Saul)

サウルの息子(原題:Saul fia、英題:Son of Saul)

2015年(日本では2016年)公開のハンガリー映画です。

内容は、
1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウルは、
アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、
次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。
ある日、ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、
直後に殺されてしまったその少年の弔いをしようとするが……。
(シネマトゥディ参照)


監督:ネメシュ・ラースロー
脚本:ネメシュ・ラースロー、クララ・ロワイエ

主な出演者
ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン、etc...


衝撃作!!

いわゆる第二次世界大戦ホロコースオトを描いた作品ですが、
劇中で説明的なシーンがほとんど無いので、
最低限の知識が無いと完全に置いてけぼりにされると思います。
てか、知識の無い奴は観るな!的な意思も感じます。

劇中ほとんど主人公のサウルの顔を映し出すだけの独特の撮影手法で、
バックで淡々と行われている非道な所業もピントがあっておらず
チラっと映り込むだけなんですが、

逆に想像させられて、より一層インパクトがあります。

想像を絶する環境の中、「息子を埋葬する」とゆう1つの事に執着し
そうすることで自分を保つとゆう狂気

自分の同胞を自分立ちが処理をするってゆう狂気の中で
繰り広げられる衝撃の人間ドラマ。

数あるナチスの非道を描いた作品の中でも特別な作品で、
最低限の知識を得て観るべき作品の1つです。

a0114618_14293793.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-09-26 00:00 | 映画&ドラマ


<< シング・ストリート 未来へのう... COP CAR/コップ・カー(... >>