シング・ストリート 未来へのうた(原題:Sing Street)

シング・ストリート 未来へのうた(原題:Sing Street)

2016年公開のアイルランド映画です。

内容は、
1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナーは、
音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。
ある日、ラフィナを見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、
思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。
慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、
クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。
(シネマトゥディ参照)


監督:ジョン・カーニー
原案:ジョン・カーニー、サイモン・カーモディ

主な出演者
フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボイントン
マリア・ドイル・ケネディ、エイダン・ギレン
ジャック・レイナー、and more...


やっぱジョン・カーニーが紡ぎだす音楽映画は最高だ!

今回は青春物!!

80年代にミュージックに明るくなくても
あれ?聴いたことあるぞってゆう名曲がかかるので、
それだけでもウキウキさせられます。
何よりそんな名曲のチョイスと使いどころがたまらなくウマイ!!!!
それだけで観る価値有り。

ちょっと気になるのがバンドメンバーや
バンドを作るキッカケにもなった1人のダーレンが印象薄い所

まぁ2時間にまとめるとそうなるのも仕方ないのかな~。


それに反して、
ロックの師匠こと兄貴のブレンダンが最高!

エンドロール前にクレジットで出る
「全ての兄弟に捧ぐ」の言葉通りこれは兄弟について描いた作品。

一番両親の不仲に悲しんでいるのはブレンダンで、
両親の喧嘩を聞きたくないが為に部屋でロックを聴いて詳しくなったのかな~
とかバックボーンを想像するだけで涙が出てきます。
特にラスト前のあるシーンでのガッツポーズには特にグッときます。

そして、もう1人エイモンがすごく良い!
主人公が曲の着想を得たり、何かきっかけがあったら
エイモンの所に行って
「作曲しないか?」をきっかけに2人で紡ぎだす音楽が素晴らしくて微笑ましい
そして曲が出来上がっていく様子に合わせるように
バックにドラムやベースが重なりあい、少しずつバンドメンバーがそろっていく様子は
曲が生まれる瞬間を描いているようで素晴らしいシーン!

他にも主人公の相談に乗ったり、決断する時に必ずエイモンに
聴くことからその信頼性の高さが伝わってきます。

もちろんヒロインのラフィーナの魅力的なのは忘れずに書いておこう。

誰もが子供のころに描いた純粋で穢れの無い夢をこれでもかと見せつけられて
現実逃避して折り合いをつけている大人に叩きつけてくるような
エネルギーを持った名作です。

a0114618_22014357.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-09-28 00:00 | 映画&ドラマ


<< スーサイド・スクワッド(原題:... サウルの息子(原題:Saul ... >>