スーサイド・スクワッド(原題:Suicide Squad)

スーサイド・スクワッド(原題:Suicide Squad)

2016年公開のアメリカ映画で、
DCコミックスの同名漫画が原作
DCエクステンデッド・ユニバースの3作品目です。

内容は、
世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショットや、
ジョーカーに夢中のハーレイ・クインら、
服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。
命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、
せ集めの悪党たちが戦いに挑む。
(シネマトゥディ参照)


監督・脚本:デヴィッド・エアー

主な出演者
ウィル・スミス、ジャレッド・レト、マーゴット・ロビー
ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェイ・コートニー
ジェイ・ヘルナンデス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、アイク・バリンホルツ
スコット・イーストウッド、カーラ・デルヴィーニュ、and more...


不安を感じつつも予告編が最高なのと去年から楽しみにしていたので、
酷評の声を小耳にしつつも視聴

なんじゃこら!?
いや~キツイ・・・。

何コレ?ヴィランを集めてヒーローチームを結成して悪と戦うって
超イイ素材なのに、仕上がったものは・・・。

マーベルのガーディアンズ・オブ・ギャラクシーみたいなのを期待してたのに
完全に裏切られました。

てか、そもそも悪人チームがそれ程悪人でも無いし、
強さも普通の人に毛が生えたレベル
敵の雑兵も普通の兵隊が楽に倒せるし、
こいつら使う必要性がまるで感じない・・・。

もう不完全燃焼が・・・・・・・・・・。

てか、脅さなくてもデットショットとかやりようによったら
普通に協力してくれるだろ?
とかものもの突っ込みどころが山盛り。

最後まで一応観れるレベルではあるけど、
期待値とは程遠いレベル。

一応良い点もあるのでそれも書いておこうかな。

まず、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン!!
もうこの人を観るだけの映画と言っても過言ではありません。

キャラ造形も素晴らしいし、仕草もキュートで
ハーレイ・クイン単体でスピンオフ作成が決まるのもうなずけます。
もう強烈に素晴らしいので、これだけは観る価値ありです。

そしてもう1人ジャレッド・レト演じるジョーカーも意外と良い!
前にジョーカーを演じたのがダークナイトでの故ヒース・レジャー!
もうこの演技が伝説となってるぐらい素晴らしいので
どうなんだろう?って思ってたんですが
これがなんとも良い味出していて、決して負けてない!

その他のキャラ造形も満点つけても良いぐらい素晴らしくて
風景の美しさも合わさって絵的にはすばらしい!
(敵はスゲーダサイけど)

ですが、肝心のストーリーのテンポが悪いし
よくわからない設定もあったりで全く楽しめない。

もうホントモヤっとが残る作品でした。

a0114618_22394520.jpg

★★☆☆☆ 星2つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-09-29 00:00 | 映画&ドラマ


<< 独裁者と小さな孫(The Pr... シング・ストリート 未来へのう... >>