ハドソン川の奇跡(原題: Sully)

ハドソン川の奇跡(原題: Sully)

2016年公開のアメリカ映画です。

内容は、
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、
安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長は、
いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、
マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。
このまま墜落すれば、乗客はおろか、
ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、
ハドソン川への着水だった。
(シネマトゥディ参照)


監督:クリント・イーストウッド 脚本:トッド・コマーニキ

主な出演者
トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、etc...


2009年に起きた「USエアウェイズ1549便不時着水事故」とその後の真相を描いた作品

やっぱりイーストウッド監督作品は素晴らしい!!

奇跡の生還を果たした英雄的な機長の話なので、
いくらでもお涙ちょうだいの感動的な作品に作ることはできるのに、

そこはイーストウッド監督

誰か(主人公)をヒロイックに扱ったりするわけではなく、
実際の世界と同じく名もなき一般人たちのそれぞれの働き(事実だけ)に焦点を当てていて
それでいてお話としても面白く仕上がっているのはさすがです。

邦題からはこの事件の奇跡的な感動作かと予想してしまいますが、
原題のSullyの通り、あくまでも機長のサレンバーガーと
その周りの人物達(奥さん、同僚たち、乗客たち)を事実を基に描いているだけに過ぎず、

直線的に感動的に持っていかさない為にサレンバーガーを心配する奥さんの描写を極力減らし、
電話で話すだけに留めている正直さは見事の一言です。


トム・ハンクス、アーロン・エッカートと熟練の俳優2人の演技も見事でそこにも注目です。

法廷劇の争いをストーリーの軸にしていて、
物語の盛り上がりもそれにリンクしていますが、
それはあくまでも表向きで軸にはしっかりとイーストイッド節がきいた人間物語。

ラストのアーロン・エッカートの一言もツボ

オススメできる名作です。

a0114618_01513826.jpg

★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2016-12-27 00:00 | 映画&ドラマ


龍三と七人の子分たち >>