2012年 12月 23日 ( 1 )

キツツキと雨

キツツキと雨

2012年公開の日本映画です。

内容は、
出会うはずのない二人が出会ったら・・・新しい今日が、森の中から始まった。
木こりの克彦が暮らす長閑で小さな山村。
そこへ突然やってきたゾンビ映画の撮影隊に、住人たちは戸惑い気味。
ひょんなことから無理やり手伝わされる羽目になった克彦は、
強引な撮影スタッフと“使えない若いスタッフ"に振り回されて爆発寸前。
一方、克彦のなかで“使えない若者"にされてしまった新人監督の幸一は、
持ち前の気の弱さで現場をまとめきれずにパニック寸前。
偶然出会った木こり60歳と新人監督25歳。
初めは距離を置いていたふたりが、克彦は撮影を通して映画の面白さに気づき、
幸一は克彦と接することで本来の自分らしさを取り戻していく。
そしてふたりの交流は、
いつしか村と撮影隊の奇妙なコラボレーションを生み出していく。
(Amazon参照)


監督:沖田修一
脚本:沖田修一、守屋文雄

主な出演者
役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古舘寛治、and more...


いや~おもしろい!!かなり好きな作品です。

観てから気づいたけど南極料理人と同じ沖田監督

そういや定点位置での固定カメラのアングルが多かったな~
何でこの監督が撮るとそんな普通のシーンが見応えあるシーンに映るんだろうか。

きこりと映画監督。
山間の村としょぼいB級映画。
日常と非日常。

全く接点の無いもの同士が交わってなんともいえない雰囲気を作っています。

所々クスっと笑えるシーンが目白押しで、じ~んわり暖かくさせられて
クライマックスにはもう完全に心を奪われていました。

友情、家族愛、などの人との繋がりが暖かく感じるオススメの名作です!

a0114618_2384412.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-23 23:09 | 映画&ドラマ