2012年 12月 26日 ( 1 )

フォーン・ブース

フォーン・ブース

2002年(日本では2003年)公開のアメリカ映画です。

内容は、
メディア・コンサルタントのスチュは、
いかなる状況も口先一つで乗り切ってきたやり手であった。
ある日、そんな彼がニューヨークのブロードウェイに訪れた際、
近くにあった電話ボックスのコール音が鳴り響いていることに気付き、
思わず受話器を取ってしまう。
すると、電話の主は「電話を切れば、お前を殺す」と彼を突然脅してきた。
間もなく、スチュの胸には銃の赤外線標準が合わされ、
彼は電話ボックスから出られなくなってしまう。
そして、彼の目の前にいた通行人が何者かに射殺されてしまい、
スチュはその犯人に仕立て上げられてしまう。
(Amazon参照)


監督:ジョエル・シュマッカー 脚本:ラリー・コーエン

主な出演者
コリン・ファレル、ラダ・ミッチェル、フォレスト・ウィテカー
ケイティ・ホームズ、キーファー・サザーランド


これぞ低予算で作られた名作の代表って感じの作品です。
まぁ低予算とは言っても1300万ドルの制作費がかかってるので
厳密には低予算とは言えませんが、最近のハリウッドの作品の中では少ない方。

撮影期間は2週間。
撮影場所は「電話ボックス」周辺の1箇所のみ!!

制作費の多くはコリン・ファレルとかの大物俳優への出演料なんですかね?


81分と比較的短い作品ですが、
作中ずっと緊張感のある雰囲気が続くのでまったく短く感じません。
むしろすごく長い映画に感じます。


ストーリーはすごくシンプルですが、
その設定は見事で、狭い空間の中で見事に展開させて終結させています。

そしてこのようなシンプルで斬新な作品の良し悪しを決めるのは俳優ですが、
主演のコリン・ファレルは見事な演技を見せてくれます!
この俳優さん大好きです!!
鬼気迫る主人公の表情や仕草は素晴らしく、彼の演技が作品全体を包んでいます。

見応えタップリのおすすめの作品です。

a0114618_16573429.jpg


★★★★★ 星5つです!
過去のレビューリストはコチラ

「Piece of Life~日常の欠片~HP版」はコチラ
[PR]
by ks-1518 | 2012-12-26 16:58 | 映画&ドラマ